In BLOG

皆さまこんにちは。陽和ななみです。

 

実は3月17日は私の誕生日でして、TOCOMスクエアに行くと大橋ひろこさんと山本郁さんから素敵な誕生日プレゼントを頂きました!!

IMG_10181

 

 

かっこいい和紙の一輪挿しと、素敵な口紅とグロスを頂きました♪

ありがとうございます!!大切に使います!!

 

 

これからもステップアップしていけるよう頑張りますので宜しくお願い致します!

 

IMG_1038

 

 

さて、小次郎講師のトレードラジオ講座では、第3期の大詰めに入ってきました。

小次郎講師が皆さんに伝えたい事10か条。今回は前半のその5までを教えて頂きました。

 

 

 

その1、投資に必勝法はない!

 

「簡単に儲かる」「勝率90%以上の売買サイン」「年間何百%の利益確実」などの言葉を世の中で目にする事がありますが、全部嘘だという事でしたね。

 

投資に必勝法はなく、楽して簡単に利益を出せる物ではないんですね。

 

 

 

その2、勉強して鍛錬してようやく勝てる!

 

スポーツや語学と同じように、勉強した後に沢山の練習をする事で技術が身につきます。

 

楽して簡単に儲ける事は出来ませんが、練習は裏切りません。勉強と練習を怠らなければ投資で資産を作っていく道はどなたも選ぶ事ができる物だと感じています。

 

 

 

その3、予想はよそう!

 

小次郎講師がよく仰っている名言ですね。

一目均衡表を作った一目山人氏やタートルズも同じことを仰っているそうです。

 

将来株が上がるか下がるか、為替がどこまで動くのか、分かる人はいません。

予想で売買していると、ただの勘に頼ったギャンブルのような投資になってしまいます。

 

 

 

その4、トレードを確率のビジネスと心得よ!

 

確率のビジネスという言葉がちょっと難しいですね。

 

皆さんはサイコロを振る「大数の法則」の実験をした事がありますか?

 

サイコロの1の面が出る確率は、6面あるので6分の1です。

ですが、たった6回振っただけでは1が出ない事もありますし偶然何回か出る事もあります。

サイコロを振る回数を60回、600回、6,000回と増やしていくと1の目が出る確率は段々と6分の1に近づいていくのです。

 

これが大数の法則です。

 

投資ではこの考え方を使って、自分に(確率的に)有利な局面で仕掛け続け、1回1回は勝ったり負けたりしますが1年などのスパンでは必ず安定的に勝っているという状況を作っていくのです。

 

 

一般のお仕事では市場調査や営業戦略、販売管理や決算書作成が必要なように、投資においてもビジネスと捉えてチャートを分析しトレードをルール化し、結果を分析するという作業が必要です。

 

 

 

その5、大数の法則で勝て!

 

大数の法則、先に書いてしまいました!汗

 

大数の法則だけが数学的に証明された唯一間違い無いと言える物だそうです。

是非サイコロを振って実験してみてくださいね!

 

私もやってみた事がありますが、用意するサイコロが1つだけだと振り続けるのがそれはもう大変ですので10個くらい同時に振るのがオススメです!

 

 

 

ななみんクエスチョンのコーナーでは大数の法則の逆?である「少数の法則」について質問していますので、是非放送で解説をお聴きください!

 

 

 

それではまた来週お会い致しましょう!

 

陽和ななみ

関連投稿