◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0930 2020/3/24)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■TOCOM投資スクールの終了について□■
今般の新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえ、TOCOM投資スクール(講師:小次郎講師)は、2020年2月25日(火)をもって終了させて頂きました。
これまでご参加頂いた皆さま、参加をご検討頂いていた皆さまには、何卒ご理解を賜りますようお願い致します。
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

例年だったら普通に行われていることが延期になったり、中止になったり、世の中の動きが滞っている今日この頃ですが、季節は確実に流れています。NHKの朝ドラは今週で終わり、都心ではモクレンも散って桜の満開が近づいてきました。
あと一週間で新年度スタートです。
新社会人の皆さん、そして、転勤などで新しい環境になる皆さん、「顔」の準備は整っているでしょうか?
というのは、新年度という、新しい人間関係が始まる時期は、自分の「印象」を変える大きなチャンスだから。そう、第一印象がその後の人間関係を大きく左右することになるからです。
この「第一印象」というものについては昔から様々な研究が行われています。例えば「出会って2秒で印象が決まる」とか、「最初の1分から4分間のコミュニケーションが、その後の評価に大きく影響を与える」など、よく言われますよね。
後者のコミュニケーションについては、人当たりや、物腰、話題の豊富さなどなど人間力を鍛える必要がありますが、前者のであって2秒は、はっきり言って「見た目」です。
ある男性化粧品メーカーが、20~30代の社会人女性を対象に「男性の第一印象に関する調査」を実施したところ、「初対面の男性に対して、どこを一番見ますか?」との質問に対し、約8割の人が「顔」と答えたのだそうです。「服装」は約1割、「髪型」は1割にも満たないという結果で、圧倒的に「顔」なのだそうです。
さらに「初対面の男性の顔で気になる部分」を訊くと、「ヒゲ」が4割と最も多く、次いで「肌質」3割強、「テカり」1割強、「眉気」1割以下…と続いていました。ここで言う「気になる」とはネガティブな意味ですね。
やはり男性も、スベスベ肌で清潔感がある方が、好感度が高いようです。
髭は要注意。どうしても髭が必要な人は、美容師さんなどプロの方にアドバイスを貰って清潔感があり、かつ似合うスタイルにする必要がありますね。また、剃り跡が青々しているのもNGなんですって!男性の永久脱毛もOKの時代。気になる人は今の内に!
さて、本日のTOCOMマーケット、昨夜のFRBの無制限量的緩和を好感してほぼ全面高となりました。原油も金も白金も大幅上昇です。(郁)

【目次】
1.TOCOMスクエア情報
2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■ラジオ放送□■
◆平日午後6時よりTOCOMスクエアから放送をしておりましたTOCOM提供のラジオNIKKEI「マーケット・トレンド」は、来週3月31日の放送を持ちまして、終了となります。
16年という長きにわたってご愛聴頂きまして、誠にありがとうございました。

本日の番組
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2019年度第3期
第12回「小次郎講師の教え10か条(後編)」
コメンテーター: 小次郎講師
キャスター:大橋ひろこ
アシスタント:陽和ななみ

前回の放送から
「金融緩和、相次ぐ『空振り』の裏側」
コメンテーター:清水功哉さん(日本経済新聞社 編集委員)
「新型コロナウイルスの感染拡大による経済・市場の混乱に対して、日米欧の中央銀行は相次いで思い切った対応を打ち出していますが、全て空振り。市場環境はなかなか好転しません。
その大きな理由は、人々の心理改善をもたらす手を打ち出せていないということ。
例えば、FRBは事実上のゼロ金利政策を復活させましたが、これで多くの人々の消費が活発になるわけではありません。消費低迷の理由が「金利が高いから」ではないからです。」
http://radiko.jp/#!/ts/RN1/20200323180000

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後8時にYouTubeで公開しています。是非ご覧ください!
※今週は、都合により、本日の公開となります。
尚、コロナウイルス感染予防対策で公開収録は中止致しました。ご了承ください。
今週の番組
https://tocomsquaretv.com/20200316/

□■『TOCOM』アプリ□■
商品先物取引をするにあたって、とても便利なスマートフォンアプリ『TOCOM』を、もうご利用になっていらっしゃいますか?
商品市況、チャート、外国為替情報などはもちろん、一般的にはあまり公開されていない気配値(買い方/売り方が、買いたい/売りたいと希望する値段のこと)も提供しています。是非、『TOCOM』アプリを皆さんの取引に活用して下さいね。無料です!
https://apps.apple.com/jp/app/tocom/id588613873

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2.市況情報     2020/3/24
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、大幅続伸 
FRBが昨夜、当面の間無制限量的緩和を行うと決めたことから、原油市場に資金が戻ってくるとの観測で昨日のNY原油相場が上昇。加えて、為替が円安に振れたことから、TOCOMドバイ原油市場の日中取引も大幅に水準を切り上げて寄り付きました。その後、午前中は株価の上昇も眺めて上げ幅を拡大しましたが、午後は円相場の引き締まりとNY原油の軟化を受けてやや水準を切り下げました。中心となる先限(2020年8月限)は、2,080円高の26,590円。その他限月は、420円~1,790円高。

☆金、大幅続伸
FRBの無制限緩和を受け、長期的に低金利が続くとの見方から、金利のつかない金が注目されて昨日のNY金相場は大幅続伸。TOCOM金市場の日中取引も大幅高で寄り付きました。しかしその後、円相場の引き締まりとともに水準を切り下げ、終盤はNY金の下落を受けて更に下げ幅を拡大しました。中心となる先限(2021年2月限)は、300円高の5,560円。その他限月は、280円~300円高。ゴールドスポットは、275円高の5,552円。金現物取引100gは、300円高の5,650円。

☆白金・パラジウム 大幅続伸
主要産地の南アフリカで新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、3週間鉱山が閉鎖されるため、供給減少が懸念され、白金相場が上伸。TOCOM白金市場の日中取引は高寄りし、NY白金の上昇を眺めて上げ幅を拡大しました。しかし円高が一服すると徐々に水準を切り下げ、午後は始値近辺でのもみ合いが続きました。中心となる先限(2021年2月限)は、139円高の2,345円。その他限月は、146円~176円高。プラチナスポットは、164円高の2,377円。パラジウムは続伸。白金同様に鉱山の閉鎖による供給減少観測で急騰しました。中心となる先限(2021年2月限)は、859円高の6,532円。

☆ゴム、4日ぶり反発
TOCOMゴム市場の日中取引は、前日の急落反動で、水準を切り上げて寄り付きました。午前中は始値近辺で推移していましたが、円相場の上昇を受けて上げ幅を縮小。終盤に一時マイナス圏に沈む場面もありましたが、上海相場高に支えられ始値の水準に戻して取引を終えました。中心となる先限、RSS(2020年8月限)は、2円00銭高の158円90銭。その他限月は、30銭~3円60銭安。

☆とうもろこし、続伸
最近の原油相場の下落に伴うエタノール向け需要低迷への懸念で、昨日のシカゴとうもろこし相場は小幅反落。TOCOMとうもろこし市場の日中取引は、為替の円安を受けて小確りと始まりましたが、その後はシカゴ相場安や円相場の引き締まりを眺めて水準を切り下げ、マイナス圏に沈みました。中心となる先限(2021年3月限)は、30円安の23,330円。その他限月は、10円安~250円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 パラジウム +15.14%
2位 プラッツドバイ原油 +8.49%
3位 銀 +8.11%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 とうもろこし -0.13%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 72,535枚
2位 白金標準取引 23,416枚
3位 プラッツドバイ原油 22,775枚

全商品合計取引高(先物)147,140枚
〃 (オプション) 0枚
金現物取引出来高 1枚
日経・東商取商品指数 236.50(前日比:+13.33)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
・米シェールは2020年5月から減る!?
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/41913

<参考ニュース>
・NY商品、原油が上昇 FRBの無制限の量的緩和で 金は大幅続伸(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_U0A320C2000000/

・FRB、量的緩和を無制限に 資金供給を大幅拡大(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO57131090T20C20A3MM8000/?n_cid=DSREA001

日本経済新聞
https://www.nikkei.com/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿