◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0931 2020/3/25)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■TOCOM投資スクールの終了について□■
今般の新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえ、TOCOM投資スクール(講師:小次郎講師)は、2020年2月25日(火)をもって終了させて頂きました。
これまでご参加頂いた皆さま、参加をご検討頂いていた皆さまには、何卒ご理解を賜りますようお願い致します。
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、世界各国で非常事態や緊急事態が宣言。日本でも東京で一昨日16人、昨日17人、そして今日は40人新たな感染者が確認されました。
感染経路が分からない人も含まれていることから、爆発的な増加…“オーバーシュート”が発生しかねないとして、23日、小池東京都知事が東京都をロックダウンするなど強力な措置を取らざるを得ない状況が出てくる可能性があると発言し、これを受けて改めて感染防止対策を守らないと、このところ少し緩んでいた気持ちを引き締めないと…と反省している所です。
本当に何とかしたいのは若者たち。全てとはいいませんが、往々にして自分は感染しても重症化しないと高を括っているのか危機意識が低いですよね。マスクをしてても形だけ。鼻回りがスカスカと空いてる状態で平気でべらべらしゃべっているのを見ていると、(この子、こんなだらしないマスクの付け方をして…。うがい・手洗い、ちゃんとやっているかなぁ…)と不安になります。だから最近はあまり若い子に近寄らないように気をつけている私。
欧州やNYのように外出制限や禁止令がでていないだけまし。やはり手洗いをしっかりして、なるべく人の多く集まる場所…特に若者が多そうな場所には近寄らないようにしようと思っています。
しかし、こうなってくるとやはり、インターネットに詳しい人は強いですよね。公演が出来なくなった芸能人やミュージシャン、演劇の舞台など、インターネットで配信していることを知っても、どうやったら視聴できるか直ぐには分からない私。
この機会に、少しはスキルを磨かないとと、この点においても反省しています。
今、病院に入院している人のお見舞いに行きたくとも、面会させてもらえない状況です。
つい先日、長く入院していた恩人を一人亡くしましたが、いつも沢山の人に囲まれていた人だったのに、最期は誰もお見舞いに行くことが出来ず寂しかっただろうなと切ない思いをしていたのですが、スマートフォンで撮影した動画や写真をテレビに直接送信できる動画・写真共有サービスがあるんですってね。このシステムを利用すれば、離れたところからでもお見舞い出来たのかな…って思うんです。
また、直接足を運ばなくてもネット上で葬儀参列ができるシステム…なんてものもあるそうです。
歳をとるほど、インターネットに詳しい人が生活しやすい世の中になっていきますよね。乗り遅れないようにしないと。
さて、本日のTOCOMマーケット、日米で株価が急騰し、投資家の心理がリスクオンに傾いてほぼ全面高となりました。(郁)

【目次】
1.TOCOMスクエア情報
2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■ラジオ放送□■
◆平日午後6時よりTOCOMスクエアから放送をしておりましたTOCOM提供のラジオNIKKEI「マーケット・トレンド」は、来週3月31日の放送を持ちまして、終了となります。
16年という長きにわたってご愛聴頂きまして、誠にありがとうございました。

本日の番組
「専門家の目~オイルマーケットと世界の経済」
コメンテーター:藤澤 治さん(オイルエコノミスト)
キャスター:大橋ひろこ

前回の放送から
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2019年度第3期
第12回「小次郎講師の教え10か条(後編)」
コメンテーター: 小次郎講師
「売買サインやトレード技術という話題に対して投資家の興味が薄いという『資金管理』
実はこれが投資をする上で一番大切だという事でした。トレード手法が正しくても、一度にエントリーする量が正しくなければ大損を出して投資ができなくなったり、儲けが少なすぎて投資にかけている努力と成果が見合わなかったりします。
今相場は大きく動いていますが、このような相場展開でも生き残っていくためには資金管理が必要不可欠なんですね。併せてリスク管理も重要になってきます。これが7つ目の教えです。リスク管理はロスカットを正しい値幅で必ず行うという事です。
リスクは多すぎても少なすぎてもいけない、適切なリスクを管理できれば怖いものはありません。」
http://radiko.jp/#!/ts/RN1/20200324180000

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後8時にYouTubeで公開しています。是非ご覧ください!
※今週は、都合により、本日の公開となります。
尚、コロナウイルス感染予防対策で公開収録は中止致しました。ご了承ください。
今週の番組
【CX】急落する株価と金価格の関係
【金】金価格はなぜ下落しているのか
【原油】中国の2月自動車販売台数が8割減に
コメンテーター:近藤雅世(コモディティーインテリジェンス代表)
キャスター:山本郁
https://tocomsquaretv.com/20200324/

□■『TOCOM』アプリ□■
商品先物取引をするにあたって、とても便利なスマートフォンアプリ『TOCOM』を、もうご利用になっていらっしゃいますか?
商品市況、チャート、外国為替情報などはもちろん、一般的にはあまり公開されていない気配値(買い方/売り方が、買いたい/売りたいと希望する値段のこと)も提供しています。是非、『TOCOM』アプリを皆さんの取引に活用して下さいね。無料です!
https://apps.apple.com/jp/app/tocom/id588613873

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2.市況情報     2020/3/25
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、3日大幅続伸 
依然として新型コロナウイルスによる景気の減速懸念が強く、TOCOMドバイ原油市場の日中取引は安寄りしました。その後、大きく水準を切り上げプラス圏に浮上し、大引けにかけて堅調に推移しました。中心となる先限(2020年8月限)は、1,100円高の27,690円。その他限月は、変わらず~1,160円高。

☆金、3日大幅続伸
先週までの金大幅下落の反動に加えて、根強い景気減速懸念で、安全資産の金に投資資金が流入しNY金相場が続伸。TOCOM金市場の日中取引は、円安にもサポートされ大きく水準を切り上げて寄り付きました。しかしその後はNY金相場の上げ一服と円相場の引き締まりで上げ幅を縮小しました。中心となる先限(2021年2月限)は、194円高の5,754円。その他限月は、179円~202円高。ゴールドスポットは、205円高の5,757円。金現物取引100gは、200円高の5,850円。

☆白金・パラジウム 3日大幅続伸
同じ貴金属である金の急騰を受けてTOCOM白金市場の日中取引も大幅高で寄り付きました。しかしその後、NY白金相場の軟化と円の引き締まりに頭を押され伸び悩み、始値の水準で取引を終えました。中心となる先限(2021年2月限)は、275円高の2,620円。その他限月は、272円~303円高。プラチナスポットは、283円高の2,660円。パラジウムも大幅続伸。中心となる先限(2021年2月限)は、703円高の7,235円。

☆ゴム、続伸
円安の進行に加えて、株価の急伸を好感しTOCOMゴム市場の日中取引は高寄りしました。その後、上海ゴム相場の上昇と円相場の引き締まりの強弱材料の綱引きで、大引けにかけて始値近辺で小動きしました。。中心となる先限、RSS(2020年8月限)は、2円30銭高の153円20銭。その他限月は、2円50銭~6円10銭高。

☆とうもろこし、3日続伸
このところの安値の反動で昨日のシカゴとうもろこし相場が上昇したことに加え、為替の円安を受けて、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は高寄りしました。しかしその後は動意を欠き、円相場が引き締まったことなどから、やや上げ幅を縮小して取引を終えました。中心となる先限(2021年3月限)は、270円高の23,600円。その他限月は、変わらず~370円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 プラチナスポット +11.91%
2位 白金 +11.73%
3位 パラジウム +10.76%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴム(TSR) -0.08%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 65,663枚
2位 プラッツドバイ原油 25,304枚
3位 ゴールドスポット 21,732枚

全商品合計取引高(先物)153,260枚
〃 (オプション) 0枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 246.10(前日比:+9.60)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
・ギャンの理論 その1
【著者】近藤雅世
https://column.cx.minkabu.jp/41927

・すでに低下していた米シェール主要地区の開発指標
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/41920

<参考ニュース>
・日経平均大引け 1454円高 米景気対策合意 26年ぶり上げ幅(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLAS3LTSEC1_V20C20A3000000/

・NY商品、原油が続伸 米経済対策への期待で 金は大幅続伸(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_V20C20A3000000/

・米国株、ダウ2112ドル高 上げ幅過去最大 米経済対策の合意期待で(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASB7IAA05_V20C20A3000000/

日本経済新聞
https://www.nikkei.com/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿