◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0935 2020/3/31)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

毎日マスクをするようになって早2か月が過ぎました。途中、マスクが手に入らなくなったため、キッチンペーパーで手作りしたり、紙のマスクを洗って再利用、再々利用したり。なんとか続いています。
もともとマスク嫌いだった私。というのはマスクのせいで、鼻梁にシミを作ってしまった経験があるからなんです。
上京したての2002年の冬、東京の乾燥した空気に喉をやられて朝起きると喉がカラッカラ。風邪をひくことが多くなったため、夜、寝るときにマスクをするようになりました。すると確かに風邪をひくことが減ったのです。こりゃいいと、パック入りの使い捨ての紙のマスクを大量に買って、乾燥する冬はもちろん、そうでない夏も毎晩毎晩、同じ製品を使い続けて1年。ふと気づいたら、鼻梁のてっぺんにそばかすの様なシミが出来てしまいました。全く同じ製品を使い続けていたから、マスクの上端の部分が鼻梁の同じところを毎晩摩擦していた…という訳です。摩擦がシミを作ることは皆さんご存知だと思います。キツイ下着をつけているとその部分にメラニンが生成されて黒ずんできますよね。あれと同じ。
気が付いた時にはもう遅かった。夜間にマスクを使うのをやめてからも次第にシミが濃くなってきて今に至る…。
今、毎日、マスクを使わざるを得ない状況ですが、なるべくシミを作らないようにするためには、もし可能であれば、全く同じ製品を毎日使い続けず、若干でも形が違うものを使うようにした方が良いと思います。このマスク品不足のご時世で難しいなら、鼻にあたる針金の折り方を工夫して毎日同じ場所が当たらないように工夫してみて下さい。
シミだけでなく、やはりマスクで擦りやすい顎にニキビが出やすくなって悩んでいる方も、今、多いそうです。刺激の少ない、肌あたりの柔らかいマスクを選ぶことが出来ればいいのですが、選んでいる余裕もないでしょうから、顎の部分にコットンを当ててからマスクを着用すると良いそうです。
またマスクをしていると、吐く息によって湿度が保たれて良いって思いがちなのですが、実は口の中は雑菌が多いため、マスクの中の蒸れた状態は雑菌が繁殖しやすく、ニキビを悪化させる原因にもなるのだそうです。口周りに汗をかいたらこまめにティッシュなどでふき取ると良いそうですよ。その代わり、朝晩の洗顔後はしっかり保湿して下さい。
工夫して上手にマスクと付き合って下さいね。
さて、本日のTOCOMマーケット、円安にサポートされて概ね反発しました。ロシアとサウジアラビアの軋轢で続落を続けていた原油は、米ロ首脳が原油価格安定の重要性で一致したことから安心感が広がり4日ぶりに反発しました。(郁)

【目次】
1.TOCOMスクエア情報
2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■ラジオ放送□■
◆平日午後6時よりTOCOMスクエアから放送をしておりましたTOCOM提供のラジオNIKKEI「マーケット・トレンド」は、本日3月31日の放送を持ちまして、終了となります。
16年という長きにわたってご愛聴頂きまして、誠にありがとうございました。

本日の番組
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2019年度第3期
第13回「小次郎講師からの戒め3か条」
コメンテーター:小次郎講師
キャスター:大橋ひろこ
アシスタント:陽和ななみ

前回の放送から
「コロナ危機に揺れる商品市場」
コメンテーター:志田富雄さん(日本経済新聞社 編集局 編集委員)
「原油は、一言でいうと”暴落”。先週、NY原油は期近で一時20ドルを割りました。年初に比べて1/3以下の価格です。リーマンショック時も140ドルから30ドル台へと1/5まで暴落したのですが20ドルを割るのは18年ぶりで、大きな衝撃となりました。
これが何を意味しているかというと、2002年…中国が世界の工場として急成長しグローバル経済が始まったころです。人や物が国境を越えて行き交い、それが世界経済を活性化させてきました。その前の段階に戻ってしまったということです。」
http://radiko.jp/#!/ts/RN1/20200330180000

□■TOCOMスクエア TV□■
毎週月曜日午後8時にYouTubeで公開しています『TOCOMスクエアTV』。今週で最終回となりました。4月からは装い新たに『ゴールドTV』が始まります。是非ご期待下さい!

今週の番組
【金】金価格は大きく上昇へ
【金】金の戦略的投資
【原油】原油戦争のゆくえ
コメンテーター:小針秀夫(トーキョートレーダーズタイムズ代表)
キャスター:山本郁
https://tocomsquaretv.com/20200330/

□■『TOCOM』アプリ□■
商品先物取引をするにあたって、とても便利なスマートフォンアプリ『TOCOM』を、もうご利用になっていらっしゃいますか?
商品市況、チャート、外国為替情報などはもちろん、一般的にはあまり公開されていない気配値(買い方/売り方が、買いたい/売りたいと希望する値段のこと)も提供しています。是非、『TOCOM』アプリを皆さんの取引に活用して下さいね。無料です!
https://apps.apple.com/jp/app/tocom/id588613873

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2.市況情報     2020/3/31
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、4日ぶり反発
昨日、米国の行動制限要請が4月末まで1か月延長されたことにより原油需要が一段減退するとの懸念が強まり、NY原油相場が続落。一時19.27ドルまで下げて18年ぶりの安値を更新しました。しかし米ロ両国のエネルギー当局者が協議することで一致したことを好感し取引中のNY原油が反発。TOCOMドバイ原油市場の日中取引は小高く寄り付き、午前中はNY相場の上昇と円安を映して上げ幅を拡大しました。午後は円の引き締まりとNY相場が下落を眺めて上げ幅を縮小しました。中心となる先限(2020年8月限)は910円高の24,780円。その他限月は、160円~670円高。

☆金、反発
このところの高値の反動とドル高で、昨日のNY金相場は下落しましたが、TOCOM金市場の日中取引は、円安にサポートされて高寄りしました。午前中は更なる円安で上値を追いましたが、NY相場の軟調と円の引き締まりで、水準を切り下げました。中心となる先限(2021年2月限)は、24円高の5,590円。その他限月は、13円~38円高。ゴールドスポットは、33円高の5,623円。

☆白金 ・パラジウム 反発
NY白金相場の上昇と円相場の軟化を受けて、TOCOM白金市場の日中取引は高寄りしましたが、午後に入り円相場の引き締まりを眺めて水準を切り下げました。中心となる先限(2021年2月限)は、61円高の2,506円。その他限月は、4円安~65円高。プラチナスポットは、29円安の2,549円。パラジウムも反発しました。中心となる先限(2021年2月限)は、270円高の7,690円。

☆ゴム、5日ぶり反発
TOCOMゴム市場の日中取引は、円安を受けて反発して始まりました。その後も円相場の軟化や上海ゴム相場の上昇にサポートされて上げ幅を拡大しましたが、午後に入って原油が下落し円相場が上昇に転じたのを眺めて水準を切り下げました。中心となる先限、RSS(2020年9月限)は、1円00銭高の145円20銭。その他限月は、3円40銭安~1円10銭高。

☆とうもろこし、4日ぶり反発
エタノール向け需要の減少懸念で昨日のシカゴとうもろこし相場は下落しましたが、円安にサポートされてTOCOMとうもろこし市場の日中取引は小確りとよりつきました。その後、は円相場は引き締まりましたが、取引中のシカゴ相場の強含みを眺めて水準を切り上げました。中心となる先限(2021年3月限)は、130円高の23,000円。その他限月は、300円安~100円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 プラッツドバイ原油 +3.81%
2位 パラジウム +3.64%
3位 白金 +2.49%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴム(TSR) -1.37%
2位 プラチナスポット -1.13%
3位 バージ灯油 -0.69%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 プラッツドバイ原油 29,421枚
2位 金標準取引 15,137枚
3位 白金標準取引 5,182枚

全商品合計取引高(先物)63,076枚
〃 (オプション) 0枚
金現物取引出来高 0枚

日経・東商取商品指数 229.77(前日比:+3.62)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
・OPECから日量140万バレル以上の原油生産量が戻ってくる!?
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/41995

<参考ニュース>
・米ロ首脳、原油価格安定の重要性で一致-新型コロナでも懸念共有(Bloomberg)
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-03-30/Q80F2FDWX2PZ01

・NY商品、原油続落し一時18年ぶり安値 行動制限で米景気に下振れ懸念(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_R30C20A3000000/ 

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿