◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0937 2020/4/2)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

自宅で過ごす時間が多くなって、その増えた時間で何をやっていますか?
4人に1人の人が増えた時間を、部屋の片づけに費やしているんですって。テレビ番組でも、お片付け企画を毎日のように放送していますもんね。
そして、その片付けため今忙しくなっているのが「トランクルーム」の申し込みなのだそうです。某トランクルーム会社のオンライン申し込みは、前年比プラス60%超ですって。
そしてもう一つ注目を集めているのが「フリマアプリ」。
片付けによって要らなくなったものを、フリーマーケットで売れば、生活費の足しにもなるというわけで、今まで使ったことが無かった人も始めているのだそうです。
実は私も、フリマアプリ未経験者。フリーマーケットで売るためには何から始めたらいいのか…と思ったら、こんな本を見つけました。
『厚さ測定定規つき! 初心者でも「高く売れる」「安く買える」 メルカリまるわかりBOOK』
扶桑社の生活情報誌『ESSE』のムック本です。
https://www.amazon.co.jp/dp/4594615325/
アプリのインストールのやり方や、登録のやり方といった基本の基本から、写真撮影のコツ、そして「達人の裏技」として、商品によっての売れる時期と時刻、売れる商品名と商品説明のコツ、セット売り・おまとめ割引のコツ…なんてマル秘技も、写真付きで詳しく紹介されているのです。
これなら私のようにネットが不得意な人でも、何とかなりそう!
時間を持て余している人、部屋の片づけとフリマアプリ、極めてみてはいかがでしょう?
さて、本日のTOCOMマーケット、サウジアラビアとロシアの協調への期待感が広がり原油、石油製品が反発しました。白金も大引けにプラス圏に切り返しました。一方、安全資産の金は続落。昨日大きく上昇したパラジウムは反落です。(郁)

【目次】
1.TOCOMスクエア情報
2.市況情報

◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■『TOCOM』アプリ□■
商品先物取引をするにあたって、とても便利なスマートフォンアプリ『TOCOM』を、もうご利用になっていらっしゃいますか?
商品市況、チャート、外国為替情報などはもちろん、気配値(買い方/売り方が、買いたい/売りたいと希望する値段のこと)も提供しています。是非、『TOCOM』アプリを皆さんの取引に活用して下さいね。無料です!
https://apps.apple.com/jp/app/tocom/id588613873

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2.市況情報     2020/4/2
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、反発 
昨日のNY原油相場が米原油在庫の大幅増加で反落しましたが、円安進行にサポートされてTOCOMドバイ原油市場の日中取引は小安く寄り付きました。その後、トランプ大統領の記者会見で、サウジアラビアとロシアの協調や米石油業界救済策への期待感が広がったことからNY原油が水準を切り上げ、その流れに乗せてプラス圏に浮上。その後も、円の軟化やNYの戻りを眺めて上げ幅を拡大しました。中心となる先限(2020年9月限)は、710円高の24,310円。その他限月は、540円安~850円高。

☆金、続落
昨日ドル高で下落したNY金相場の戻りを眺めて、TOCOM金市場の日中取引は小高く寄り付きました。しかしその後、NY金相場が下落したのを受けて、水準を切り下げ、マイナス圏で推移しました。中心となる先限(2021年2月限)は、18円安の5,432円。その他限月は、22円安~4円高。ゴールドスポットは、12円高の5,482円。

☆白金 小幅反発・パラジウム 大幅反落
新型コロナウイルスの感染拡大による景気減速不安で、昨日のNY白金相場は下落し、TOCOM白金市場の日中取引も安寄りしました。寄り付き後も下げ幅を拡大しましたが、その後、NY相場の上昇と円相場の引き締まりの強弱材料の交錯で横ばいに推移。終盤に一段水準を切り上げプラス圏に浮上しました。中心となる先限(2021年2月限)は、5円高の2,455円。その他限月は、55円安~5円高。プラチナスポットは、21円安の2,474円。昨日、供給懸念で大きく続伸したパラジウムは、大幅反落しました。中心となる先限(2021年2月限)は、398円安の7,400円。

☆ゴム、続落
TOCOMゴム市場の日中取引は、新型コロナウイルス感染拡大により世界で自動車の生産が停止しており、タイヤの原料であるゴムの需要の先行きに懸念が広がり減少から安寄りしました。その後も、上海ゴム相場の下落を眺めて安値圏で推移しました。中心となる先限、RSS(2020年9月限)は、90銭安の140円60銭。その他限月は、1円40銭~40銭安。

☆とうもろこし、続落
米農務省が発表した作付意向面積が市場予想を上回っていたことから需給が緩むとの観測で昨日のシカゴとうもろこし相場が続落。TOCOMとうもろこし市場の日中取引は軟調に始まりました。その後も決め手を欠き、始値近辺でもみ合いました。中心となる先限(2021年3月限)は、250円安の22,570円。その他限月は、1,100円安~変わらず。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 バージガソリン +4.33%
2位 プラッツドバイ原油 +3.01%
3位 バージ灯油 +2.09%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 パラジウム -5.10%
2位 とうもろこし -1.10%
3位 プラチナスポット -0.84%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 プラッツドバイ原油 32,744枚
2位 金標準取引 16,865枚
3位 白金標準取引 4,760枚

全商品合計取引高(先物)68,341枚
〃 (オプション) 0枚

日経・東商取商品指数 224.21(前日比:+2.45)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
・原油市場、中長期的には上値リスクが大きい
【著者】菊川弘之
https://column.cx.minkabu.jp/42031

・20ドル台の原油について
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/42023

<参考ニュース>
・NY商品、原油が反落、米原油在庫の大幅増加で(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_S0A400C2000000/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿