◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0939 2020/4/6)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

東京都や大阪府などの緊急事態宣言、いよいよ現実味を帯びてきました。明日、諮問委員会を開いて専門家に意見を仰ぎ、明日にも発出(はっしゅつ)される見通しです。期間はGW最終日の5月6日まで。
緊急事態宣言が出た場合、私たちが一番考えなくてはならないことは「不要不急」の外出を控えること。非常時でなければ「不要不急」の解釈は個人個人で違いがあるとは思いますが、先週末の小池都知事の会見で例に挙げていたのは「命に関わる事などで病院に行く方、薬がないとだめな方」、また「スーパーやコンビニに行ってその日の食材を買うのは普通に行っていただきたい」とのことでした。そこから鑑みると、健康のためとはいえ「散歩やジョギング」「公園で子どもを遊ばせる」などは、この間は控えると解釈すべきだと思います。それくらい今、危機に瀕しているのです。
この週末、東京都だけでも土曜に113人、日曜に143人と2日続けて100人を超える感染者が判明したのは皆さんご存知だと思います。怖いのはその143人の内、感染経路が分からない人が92人いるということなのです。誰だってコロナウイルスに感染したくなんかありません。きっと殆どの人が感染しないように充分に注意して外出していたでしょう。それなのに感染してしまったのです。どこで、どうやって感染したのか心当たりがないのです。
となると、新型コロナウイルスを終息させるためには、一人一人が徹底して、人との接触を減らすしか方法はないのです。
北海道大学の理論疫学の専門家が、感染者が爆発的に増える段階に入った東京都は、今、外出を欧米に近い形で厳しく制限し、人と人の接触を8割減らす対策を取れば、10日~2週間後に感染者が1日数千人のピークに達しても、その後に対策の効果が表れ、急速な減少に転じるという計算結果を導いています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200403/k10012366951000.html
裏を返せば、人との接触を8割減らさないと感染を収束させることは出来ないということです。自分だけでなく、大切な人を守るためにも出来る限り一人で過ごしましょうね。
5月6日までちょうど1か月です。1か月あれば色んな事が出来ますよね。資格取得の勉強、ダイエット、料理基礎を身につけるなどなど。私は家の大掃除をして、コロナが終息した時に、友達を招いて盛大にパーティーを開きたいと思います!
さて、本日のTOCOMマーケット、原油が急伸。その他も円安と株価の上昇で概ね続伸です。(郁)

【目次】
1.TOCOMスクエア情報
2.市況情報

◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■『TOCOM』アプリ□■
商品先物取引をするにあたって、とても便利なスマートフォンアプリ『TOCOM』を、もうご利用になっていらっしゃいますか?
商品市況、チャート、外国為替情報などはもちろん、気配値(買い方/売り方が、買いたい/売りたいと希望する値段のこと)も提供しています。是非、『TOCOM』アプリを皆さんの取引に活用して下さいね。無料です!
https://apps.apple.com/jp/app/tocom/id588613873

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2.市況情報     2020/4/6
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、急騰 
6日にも開催を予定していたOPECプラスの緊急のテレビ会議が9日ごろに延期されることになったことを嫌気して、日本時間の今朝、取引中のNY原油相場は大きく下落しました。その流れを受けてTOCOM原油市場の日中取引は、夜間取引からは水準を大きく切り下げたものの、OPECプラスの協調減産への期待が依然強いことから、大幅高で寄り付きました。その後、NY相場の急速な切り返しと円安にサポートされて、大引けにかけて強含みに推移しました。中心となる先限(2020年9月限)は、2,360円高の26,500円。その他限月は、2,910円~4,070円高。

☆金、大幅続伸
先週末、米雇用統計の悪化で米国の景気懸念が改めて意識され、安全資産とされるNY金相場は続伸。その他、為替相場が円安に振れていることから、TOCOM金市場の日中取引も大幅高で寄り付きました。その後、為替・NY金ともに動意を欠いたためほぼ横ばいで推移していましたが、終盤に、取引中のNY相場が上昇したのを眺めて水準を切り上げました。中心となる先限(2021年2月限)は、133円高の5,688円。その他限月は、105円~129円高。ゴールドスポットは、96円高の5,685円。

☆白金 3日続伸・パラジウム 大幅反発
NY白金相場の強い地合いを受けてTOCOM白金市場の日中取引は小確りと始まりました。その後、おおむね始値近辺で小動きを続けていましたが、終盤にNY相場の堅調と株高を好感し、水準を切り上げて取引を終えました。中心となる先限(2021年2月限)は、75円高の2,535円。その他限月は、34円~73円高。プラチナスポットは、72円高の2,587円。パラジウムは、大幅続伸しました。中心となる先限(2021年2月限)は、263円高の7,563円。

☆ゴム、続伸
TOCOMゴム市場の日中取引は、競合する合成ゴムの原料である原油の上昇や円安を受けて続伸して始まりました。その後、一時、新型コロナウイルスの感染拡大に対する警戒感で上げ幅を削る場面もありましたが、円相場の軟化と株価の急伸を眺めて上昇。この日の高値圏で取引を終えました。中心となる先限、RSS(2020年9月限)は、2円60銭高の146円90銭。その他限月は、変わらず~3円30銭高。

☆とうもろこし、続伸
先週末のシカゴ相場が下落したものの、円安にサポートされて、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は高寄りしました。その後も相場の軟化を眺めて、上げ幅を拡大しました。中心となる先限(2021年3月限)は、200円高の22,940円。その他限月は、210円~260円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 プラッツドバイ原油 +9.78%
2位 バージ灯油 +7.96%
3位 バージガソリン +4.68%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴム(TSR) -0.09%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 プラッツドバイ原油 30,156枚
2位 金標準取引 20,358枚
3位 白金標準取引 6,141枚

全商品合計取引高(先物)70,067枚
〃 (オプション) 0枚

日経・東商取商品指数 238.29(前日比:+12.73)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
・トランプ氏、実はサウジ・ロシアの大増産を容認!?
【著者】吉田 哲

トランプ氏、実はサウジ・ロシアの大増産を容認!?

<参考ニュース>
・OPECプラス、緊急会議を延期 9日ごろで調整
サウジとロシアの対立表面化(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO57688530V00C20A4FF8000/

・NY商品、原油が連日大幅高 協調減産の観測強まる(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_U0A400C2000000/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿