◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0940 2020/4/7)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

緊急事態宣言が発出されました。
これから約1か月「stay at home」。出来るだけ人に合わないようにして過ごさなくてはなりません。それだけで憂鬱になっている方もいるようですが、ものは考えよう。人に合わない時間というのは、逆に何かを生み出す時間にもなるわけですよね。
1か月。正確には明日から5月6日まで29日間。昨年のGWの10連休でも時間を持て余していた方もいたようですが、その3倍です。長いようですが、何かを成し遂げようとしたら短い時間です。今後、なかなかこんな時間を過ごすことは出来ないでしょう。
折角の機会と捉えて何かにチャレンジされてはいかがでしょうか?
例えば、「30日間チャレンジ」。4~5年前に海外セレブの間で流行った筋トレプログラムです。https://beautyskin-labo.com/diet/diet-30dayscharenge/
男女ともに人気があるのは「プランクチャレンジ」。腕立て伏せの腕を曲げないポーズ(と言ったら分かりますか?)を維持するトレーニング。初日は20秒くらいから始めて、徐々に長さを伸ばしていきます。30日続けると、贅肉が落とせたり、お腹が割れたり、目で見て分かるくらい効果があると人気なんです。「スクワットチャレンジ」もキツイけれど効果が出やすいと人気です。お尻もカッコ良くなりますし。緊急事態明けに、同僚や友人に会ってびっくりされたら気持ちいいですよね。便利な専用アプリもありますよ。https://apps.apple.com/jp/app/30日プランクチャレンジ/id1439155093
「1か月で資格を取得する」というチャレンジも出来ますよね。1日30分程度の勉強で、約1か月で取得できる!と人気なのが「調剤薬局事務」の資格。他にも「介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー)」の資格、「マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)」の資格などなど。
これらの資格取得プログラムは、本来、毎日仕事をしながら、その隙間時間に勉強するという設定になっていますが、今だったら、1日1時間、2時間勉強時間を捻出することも可能かも!?取得に3か月かかると言われている「ファイナンシャル・プランニング技能士」や、「メンタルケアカウンセラー資格」などの資格も取れるかも知れません。まさに「stay at home」の今でしか出来ないことです。さあ、みなさんはどんなチャレンジをされますか?
さて、本日のTOCOMマーケット、世界的な金融緩和の流れとコロナによる先行きの不安で金が続伸しました。原油も小幅ながら続伸。全体に小幅な値動きに留まりました。(郁)

【目次】
1.TOCOMスクエア情報
2.市況情報

◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■『TOCOM』アプリ□■
商品先物取引をするにあたって、とても便利なスマートフォンアプリ『TOCOM』を、もうご利用になっていらっしゃいますか?
商品市況、チャート、外国為替情報などはもちろん、気配値(買い方/売り方が、買いたい/売りたいと希望する値段のこと)も提供しています。是非、『TOCOM』アプリを皆さんの取引に活用して下さいね。無料です!
https://apps.apple.com/jp/app/tocom/id588613873

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2.市況情報     2020/4/7
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、先限のみ小幅続伸 
OPECプラスの緊急会合が6日から9日に先送りされたことから昨日のNY原油相場は大幅反落。TOCOMドバイ原油市場の日中取引は円安にサポートされたものの、会合の結果を見極めたいとの様子見で小幅反落して寄り付きました。その後、NY原油相場の動きを映してもみ合い、プラスサイドで取引を終えました。中心となる先限(2020年9月限)は、100円高の26,600円。その他限月は、890円~500円安。

☆金、3日続伸
世界的な金融緩和ムードでNY金相場は3日続伸。加えて、今朝、円相場が109円台と円安に振れていたことから、TOCOM金市場の日中取引は大きく水準を切り上げて寄り付きました。その後、取引中のNY金は小動きでしたが、円相場が徐々に引き締まって来たのを眺め、上げ幅を縮小しました。中心となる先限(2021年2月限)は、94円高の5,782円。その他限月は、89円~143円高。ゴールドスポットは、143円高の5,828円。

☆白金 4日続伸・パラジウム 大幅反落
同じ貴金属の金の上伸に連れて、昨日のNY白金相場が続伸。その流れを引き継ぎTOCOM白金市場の日中取引も高寄りしました。その後、取引中のNY白金の上昇一服と円の引き締まりで一時はマイナス圏に沈みましたが、NY相場の戻りを眺めて終盤に切り返し、プラス圏に浮上しました。中心となる先限(2021年2月限)は、8円高の2,543円。その他限月は、10円~54円高。プラチナスポットは、11円高の2,598円。パラジウムは、大幅反落しました。中心となる先限(2021年2月限)は、163円安の7,400円。

☆ゴム、続伸
株高を好感してTOCOMゴム市場の日中取引は高寄りしました。その後、原油安と円の引き締まりで上げ幅をほぼ削る場面もありましたが、終盤は上海相場の堅調に支えられ、やや水準切り上げて取引を終えました。中心となる先限、RSS(2020年9月限)は、1円90銭高の148円80銭。その他限月は、90銭安~3円00銭高。

☆とうもろこし、先限のみ小幅反落
決め手材料を欠き、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は、小安く寄り付きました。その後も動意を欠き、マイナスサイドでの小幅な値動きにとどまりました。中心となる先限(2021年3月限)は、30円安の22,910円。その他限月は、変わらず~110円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 銀 +4.68%
2位 ゴールドスポット +2.52%
3位 金 +1.65%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 小豆 -3.03%
2位 パラジウム -2.16%
3位 ゴム(TSR) -1.82%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 プラッツドバイ原油 70,220枚
2位 金標準取引 28,495枚
3位 ゴールドスポット 12,887枚

全商品合計取引高(先物)128,920枚
〃 (オプション) 0枚

日経・東商取商品指数 237.47(前日比:-0.82)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
・減産再開は6月?9月?12月?
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/42069

・週刊石油展望
【著者】三浦 良平
https://column.cx.minkabu.jp/42063

<参考ニュース>
・NY商品、原油急反落 減産協議の不透明感を嫌気 金は7年ぶり高値化(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_X00C20A4000000/

日本経済新聞
https://www.nikkei.com/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿