◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0942 2020/4/9)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

新型コロナウイルスの感染防止に、うがい・手洗いが最重要との認識は、すでに皆さんお持ちだと思いますが、そこに「歯磨きの徹底」も是非加えてください!
昨日、歯科医の友人から、口の中の雑菌が、コロナウイルの感染にも大きな影響があることを教えてもらったのです。
歯周病菌などの細菌は、強いたんぱく質分解酵素を持っているので、口の中の粘膜を溶かし破壊して、新型コロナウイルスの感染を促進させてしまうんですって!
また、歯周病菌は食事や飲み物と一緒に体内に運ばれると、腸内バランスを崩し免疫力が下がってしまう恐れもあります。
そして、特に注意して頂きたいのが高齢者口腔ケア。
高齢者は気管の異物を追い出す機能が衰えるため「誤嚥」を起こしやすいのですが、口の中が汚いと、雑菌が気管や肺に入って誤嚥性肺炎を引き起こしてしまいます。新型コロナウイルスに感染して、高齢者が重症化する理由の一つがこれです。
新型コロナウイルスが蔓延している今、うがい、手洗い、そして歯磨き。徹底してくださいね。
余談ですが、歯科医の友人とこんな話になったきっかけがSNS。その友人がコロナウイルスに関しての投稿をしていたので、あまり深く考えず「歯医者さんはコロナウイルス特に怖いよね。気をつけて…」などと書き込みをしたところ、「私たちはそういうリスクを承知して普段から万全の態勢で治療に取り組んでいます」「コロナだけでなく肝炎やHIVの感染も怖いので、普段から最大限の防護をしていますから」と返信が。
浅はかでした。コロナウイルス怖い…との私の軽率な書き込みを削除して貰いました。
むしろ、口腔ケアなんて非常時では二の次…という誤った認識をされて、治療に来なくなる方が危険なんですって。
口の中のこと、ナメてはいけません。歯医者さんが近所だとか、自分で移動手段を持っているという方は特に、歯の治療には行った方が良いそうです。
外出はしたくないという方は、清潔を保つよう、歯磨きをしっかりとして下さいね!
さて、本日のTOCOMマーケット、世界の主要な株価の上昇を材料に、工業用途が多く景気に敏感な白金やゴムは上昇しました。今日開催予定のOPECプラスの緊急会合が注目されている原油は、減産幅が小幅にとどまるとの警戒が広まり3日続落しました。(郁)

【目次】
1.TOCOMスクエア情報
2.市況情報

◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■『TOCOM』アプリ□■
商品先物取引をするにあたって、とても便利なスマートフォンアプリ『TOCOM』を、もうご利用になっていらっしゃいますか?
商品市況、チャート、外国為替情報などはもちろん、気配値(買い方/売り方が、買いたい/売りたいと希望する値段のこと)も提供しています。是非、『TOCOM』アプリを皆さんの取引に活用して下さいね。無料です!
https://apps.apple.com/jp/app/tocom/id588613873

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2.市況情報     2020/4/9
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、3日続落
米株高と、今日開催されるOPECプラス会合での減産決定への期待から、TOCOM原油市場の日中取引は小高く寄り付いたあと、上げ幅を広げました。しかし、その後はOPECプラスの減産幅が小幅にとどまるとの警戒感が強まり、マイナス圏に沈みました。中心となる先限(2020年9月限)は、670円安の25,570円。その他限月は、880円~430円安。

☆金、反発
円安と、株高などによる投資家のリスク回避姿勢の一服という強弱材料の交錯で、TOCOM金市場の日中取引は小高く寄り付きました。その後、取引中のNY金相場の戻りを眺めてじりじりと上げ幅を拡大しました。中心となる先限(2021年2月限)は、22円高の5,777円。その他限月は、5円安~23円高。ゴールドスポットは、11円安の5,789円。

☆白金・パラジウム 反発
昨日の下落の反動と、主産国である南アフリカの生産停止で需給が引き締まるとの観測で、TOCOM白金市場の日中取引は高寄りしました。しかし、その後、取引中のNY相場の値動きが乏しかったため、円相場の引き締まりを材料にしてやや上げ幅を縮小しました。中心となる先限(2021年2月限)は、23円高の2,538円。その他限月は、6円安~46円高。プラチナスポットは、27円高の2,615円。パラジウムは、大幅反発しました。中心となる先限(2021年2月限)は、274円高の7,506円。

☆ゴム、3日続伸
中国・武漢の都市封鎖が解除され、ゴムの消費量が最も多い中国の景気回復への期待が高まったことからTOCOMゴム市場の日中取引は大幅に水準を切り上げて寄り付きました。寄り付き後もしばらく上値を追いましたが、円相場が上昇に転じたのをきっかけに下落を始め上げ幅を縮小しました。中心となる先限、RSS(2020年9月限)は、3円20銭高の154円50銭。その他限月は、2円50銭~3円30銭高。

☆とうもろこし、下落
バイオ燃料のエタノール向け需要の低迷見通しで、昨日のシカゴとうもろこし相場は小幅反落しましたが、円安にサポートされてTOCOMとうもろこし市場の日中取引は、小確りと寄り付きました。その後は円相場の引き締まりを映してマイナス圏に沈みました。中心となる先限(2021年3月限)は、190円安の22,720円。その他限月は、290円安~変わらず。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴム(TSR) +13.96%
2位 パラジウム +3.40%
3位 バージ灯油 +2.75%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 プラッツドバイ原油 -2.55%
2位 とうもろこし -0.83%
3位 小豆 -0.63%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 プラッツドバイ原油 61,248枚
2位 金標準取引 11,348枚
3位 ゴールドスポット 3,483枚

全商品合計取引高(先物)85,134枚
〃 (オプション) 0枚

日経・東商取商品指数 234.79(前日比:-0.85)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
・ついに来月からの米シェール減少が確実に!? その1
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/42083

<参考ニュース>
・NY商品、原油が反発 協調減産観測で 金は小反発(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_Z00C20A4000000/

・FOMC議事要旨:「強力な」政策対応必要、追加措置の可能性認識(Bloomberg)
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-04-08/Q8HEJ0T0AFB801

・OPECプラス、きょう緊急会合 1000万バレル減産不透明(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO57820220Y0A400C2FF8000/

日本経済新聞
https://www.nikkei.com/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿