◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0960 2020/5/11)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

「おうち時間、何をして過ごしましたか?」という調査で、圧倒的に多かった答えが、断捨離&部屋の片づけ。
各自治体のクリーンセンターでは、例年GW明けは家庭ごみの持ち込みが増えるそうですが、今年は特別に多くて各地でマイカーによるゴミ持ち込み渋滞が出来ていたそうです。
SNS上にも、断捨離によって発掘された思い出の品、写真、CD、本などがたくさん紹介されていて、なかなか見ごたえがありました。これも今年の特徴ですよね。
さて、片づけをした後、それをキープすることが大切なのですが、これがなかなか大変で。私の最近の悩みなのですが、記憶力の衰えのせいか、片づけをして収納場所を変えると、どこに何を仕舞ったのかが分からなくなってしまうのです。あっちこっち覗いて探し回ると結局また散らかってしまうという悲しい結果になってしまいます。
頷いている方、いらっしゃいますよね?すごくいいもの見つけちゃいました!
スマートフォンをかざすだけで、中身が確認できる、QRコード『patQ』
https://www.makuake.com/project/patq/
ORコードのシールです。引き出しや箱に貼って中身の情報を登録すればOK。いちいち引き出しの中身をかき回したり、押し入れの段ボール箱を引っ張り出したりしなくても、スマホをかざすだけで中身を確認出来るという便利グッズなのです。
文字だけでなく写真の登録も可能なので、文字では表現しづらい衣類やアクセサリー、小物など、視覚的に確認することも出来るし、検索機能があるので、CDラックや本棚に貼っておけば、膨大なコレクションから必要なものを瞬時に探し出すことが出来ます。
登録したスマホでしか情報を読み取ることが出来ないのでセキュリティー面も安心。重要な書類などの保管にも活用できそうです。
冷蔵庫に貼っておけば、扉を開けずに中身を確認できるので省エネにも役立つし、CD-RやSDカードに貼っておけば保存した写真や音楽などのデータをいちいちパソコンで読み込まなくても中身が確認できる…といろいろな使い方が出来そうです。
現在クラウドファンディング実施中ですが、すでに目標額達成しています。来月下旬発送予定だそうですよ。興味のある方、覗いてみて下さいね!
さて、本日のTOCOMマーケット、米国の経済活動の再開や米中対立の懸念後退で株価が上昇し、原油や白金・ゴムなど工業用需要の多い銘柄が続伸しました。一方安全資産の金は小幅ながら反落です。(郁)

【目次】
1.TOCOMスクエア情報
2.市況情報

◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■『TOCOM』アプリ□■
商品先物取引をするにあたって、とても便利なスマートフォンアプリ『TOCOM』を、もうご利用になっていらっしゃいますか?
商品市況、チャート、外国為替情報などはもちろん、気配値(買い方/売り方が、買いたい/売りたいと希望する値段のこと)も提供しています。是非、『TOCOM』アプリを皆さんの取引に活用して下さいね。無料です!
https://apps.apple.com/jp/app/tocom/id588613873

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2.市況情報     2020/5/11
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、5日続伸
米国の経済活動の再開や米中対立の懸念が後退したことで、原油需要が持ち直すとの期待から先週末のNY原油相場が上昇。その流れを受けてTOCOMドバイ原油市場の日中取引は高寄りし、上げ幅を拡大しました。その後、NY相場の値動きを映して始値を挟んでもみ合いました。中心となる先限(2020年10月限)は、400円高の23,400円。その他限月は、80円~340円高。

☆金、小幅反落
欧米での経済活動再開などを背景に投資家心理が改善したことから、先週末、安全資産とされるNY金は反落しました。その流れを受けてTOCOM金市場の日中取引は反落して始まりました。その後、為替が円安に振れていることからプラス圏に浮上し、上げ幅を拡大する場面もありましたが、午後はNY相場の軟調を眺めてマイナス圏に沈みました。中心となる先限(2021年4月限)は、2円安の5,857円。その他限月は、8円安~変わらず。ゴールドスポットは、6円安の5,854円。

☆白金、続伸
日米株高を受け、工業用需要が大きく景気動向に敏感な白金相場は上昇。TOCOM白金市場の日中取引は高寄りし、その後もNY白金の堅調を眺めて上げ幅を拡大しました。中心となる先限(2021年4月限)は、30円高の2,643円。その他限月は、15円~30円高。プラチナスポットは、30円高の2,655円。パラジウムは続伸。中心となる先限(2021年4月限)は、46円高の6,342円。

☆ゴム、3日小幅続伸
欧米の経済活動再開の期待で日米の株価が上昇。タイヤの原料であるゴム需要の拡大が意識され、TOCOMゴム市場の日中取引は約半月ぶりの高値水準で寄り付きました。その後、利益確定の動きが出てやや水準を切り下げましたが、上海相場の堅調に支えられ始値を挟んでもみ合いました。RSS(2020年10月限)は、10銭高の152円80銭。その他限月は、10銭~50銭高。

☆とうもろこし、続伸
米中対立の懸念が後退したことで、中国による米国産とうもろこしの購入拡大期待が高まり、先週末のシカゴ相場は上昇。加えて、為替が円安に振れているため、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は高寄りしました。その後も、シカゴ相場の上昇を眺めて堅調に推移しました。中心となる先限(2021年5月限)は、300円高の22,480円。その他限月は、変わらず~500円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 バージ灯油 +1.83%
2位 プラッツドバイ原油 +1.74%
3位 とうもろこし +1.35%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴールドスポット -0.10%
2位 金 -0.03%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 17,419枚
2位 プラッツドバイ原油 17,210枚
3位 白金標準取引 4,307枚

全商品合計取引高(先物)49,868枚
〃 (オプション) 0枚

日経・東商取商品指数 226.21(前日比:+1.51)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
・米国、原油消費回復か!?
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/42311

<参考ニュース>
・NY商品、原油が反発 米中対立の懸念後退や米減産期待で 金は反落(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_Z00C20A5000000/
日本経済新聞
https://www.nikkei.com/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿