◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0962 2020/5/13)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

夏の陽射しが降り注ぐ一日となりました。春先はまだ淡い色だった街の緑も鮮やかになってきましたね。田舎の田んぼの風景も、緑色に変わったでしょうか。
私は越後平野の真ん中にある農村で育ったのですが、GWには他県で暮らす家族も皆、田植えの為に帰省して、家族総出で田植えをするのが地域の慣わしでした。(今年はコロナ対策で、田植え帰省も自粛されていたようですが、無事田植えは出来たのでしょうか…。)GWが明けて初めて登校する日は、通学路になっている畦道の左右に広がる田んぼが、それまでの茶色から一気に緑に変わるので、それを見るのがとても楽しみだったものです。
東京で生活するようになってからは、一面に広がる緑の海といった風景を見るというのは、テレビやネットの中だけになってしまいました。
都心で暮らしていると、縁遠くなってしまう田んぼですが、探してみるとあるんです。なんとビルの屋上に!ヒートアイランド対策として、屋上緑化への取り組みが盛んなのは知っていましたが、田んぼまであるんですね。有名なところだと六本木ヒルズや渋谷の東急本店、銀座の白鶴ビルディングに天空農園があって、近隣の小学生などを招いて米作り学習を行っているんですって。
そして今年、この日本橋エリアにも、空に近い田んぼが誕生したのです。茅場町交差点にある、株式会社プレナスの本社ビル屋上。
「ほっともっと」や「やよい軒」を全国に展開しているプレナスは、日本の米文化を守り未来へつなげていこうと、様々な活動に取り組んでいるそうです。その一環として新たに立ち上げたのが「茅場町あおぞら田んぼプロジェクト」
https://www.plenus.co.jp/rice/aozora-tanbo/
地上9階の屋上に誕生した3.6m×5.8m 約20㎡の可愛い田んぼです。HP上に公開されている育成日記を見てみると、先月、田んぼの木枠が完成し、土入れ、肥料入れ、そして先週8日には水入れも終わり、まもなく田植えが行われるそうです。
秋には玄米8㎏を収穫し、試食会も予定しているということで楽しみですね。
プレナスのHPには、米食文化研究所のページもあって、「弁当の歴史」や「定食のルーツ」、「世界のBENTO」など凄く充実していて、読み物としても大変面白いのです。一度覗いてみて下さい。https://kome-academy.com/bento_library/
さて、本日のTOCOMマーケットは全体に小動き。白金ととうもろこしは小幅反発しましたが、その他は海外相場安と円高に押され、おおむね軟調でした。(郁)

【目次】
1.TOCOMスクエア情報
2.市況情報

◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■『TOCOM』アプリ□■
商品先物取引をするにあたって、とても便利なスマートフォンアプリ『TOCOM』を、もうご利用になっていらっしゃいますか?
商品市況、チャート、外国為替情報などはもちろん、気配値(買い方/売り方が、買いたい/売りたいと希望する値段のこと)も提供しています。是非、『TOCOM』アプリを皆さんの取引に活用して下さいね。無料です!
https://apps.apple.com/jp/app/tocom/id588613873

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2.市況情報     2020/5/13
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、続落
米株価の下落や、在庫の増加を嫌気してNY原油相場が軟化した流れを受けてTOCOMドバイ原油市場の日中取引は安寄りしました。その後、NY原油の戻りを眺めてやや下げ幅を縮小しましたが、円高に押され、終盤は始値近辺まで下げて取引を終えました。中心となる先限(2020年10月限)は、440円安の22,170円。その他限月は、440円安~40円高。

☆金、小幅反落
米国経済活動の早期再開に否定的な意見が報道されたことを受けて、昨日のNY金相場は反発しましたが、為替が円高に振れたことから、TOCOM金市場の日中取引は安寄りしました。その後、NY相場の堅調眺めてプラス圏に切り返す場面もありましたが、午後は再びマイナス圏に沈みました。中心となる先限(2021年4月限)は、1円安の5,872円。その他限月は、6円安~10円高。ゴールドスポットは、4円安の5,865円。

☆白金、小幅反発
昨日のNY白金相場安を受けてTOCOM白金市場の日中取引は安寄りしましたが、その後NY相場の戻りや、日経平均株価の下げ幅が縮小したのを好感し、プラス圏に浮上しました。中心となる先限(2021年4月限)は、6円高の2,634円。その他限月は、12円安~6円高。プラチナスポットは、20円安の2,634円。パラジウムも反発。中心となる先限(2021年4月限)は、21円高の6,230円。

☆ゴム、小幅続落
TOCOMゴム市場の日中取引は、円相場の上昇や米国の株安を受けて、続落して始まりました。その後、一時プラス圏に浮上する場面もありましたが、上海ゴム相場の下落を眺めて再びマイナス圏に沈みました。RSS(2020年10月限)は、20銭安の152円10銭。その他限月は、1円00銭~20銭安。

☆とうもろこし、小幅反発
昨日の米農務省需給報告で在庫の増加が市場予想に比べて少なかったことから、シカゴとうもろこし相場が上昇。TOCOMとうもろこし市場の日中取引は、円高に頭を抑えられながらも高寄りしました。その後は決め手材料を欠き、上げ幅を縮小し小幅高で取引を終えました。中心となる先限(2021年5月限)は、20円高の22,340円。その他限月は、100円安~1,060円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 銀 +0.56%
2位 パラジウム +0.34%
3位 白金 +0.23%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 プラッツドバイ原油 -1.95%
2位 バージ灯油 -1.53%
3位 バージガソリン -1.23%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 プラッツドバイ原油 60,968枚
2位 金標準取引 11,819枚
3位 白金標準取引 3,444枚

全商品合計取引高(先物) 84,785枚
〃 (オプション) 0枚

日経・東商取商品指数 222.40(前日比: -1.20)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・原油関連の材料を“絶対・相対評価”をしてみる
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/42325

<参考ニュース>
・NY商品、原油が反発 主要産油国の減産に期待 金は反発(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_T10C20A5000000/

日本経済新聞
https://www.nikkei.com/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿