◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0969 2020/5/22)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

新型コロナウイルスの影響で、飲食業界や生産農家が大打撃を受けているのは皆さんご存知の通り。その支援のために食品のお取り寄せをしている方も多いと思います。私も「黒さつま鶏食べ比べ」「ブランド卵」「チーズ詰め合わせ」「北海道グルメ詰め合わせ」「クラフトビール詰め合わせ」などなど、支援+自分の楽しみで、せっせと消費活動に勤しんでいます。流通事情があって届くまであと1か月かかるなんてものもありますが楽しみです。
今、心待ちにしているのが「宮崎牛のギフト」。驚くほど良いお肉がお安く、しかも送料無料!と大人気なんです。私は、宮崎牛ロースステーキ250g×2枚(税込3,500円)と、宮崎牛ローススライス500g(税込3,500円)を購入!!すごくお買い得じゃないですか?国から10万円が給付されたら更にお取り寄せに熱が入りそう。
そんな中、またまた魅力的な通販サイトが誕生しました。
『肉通販マニア』https://nikutsuhanmania.com/ 日本各地の厳選されたお肉に特化した通販サイトです。運営事務局が1件1件審査を行い、選りすぐられた高品質なお肉だけが販売されているんです。動画により生産者・飲食店の想いを直接感じることができるというのが大きな特徴です。
ずっと楽しみにしていたのですが、昨日から販売がスタートしたので覗いてみたら、早速3件アップされていましたよ。
「産地を応援!地鶏1羽分 満喫セット」「放し飼い・無投薬で育てた茨城県産 かすみ鴨 むね肉・もも肉・鴨ひき肉セット」「地ビールで育った贅沢な焼肉用牛肉「新潟県産 あがの姫牛」https://nikutsuhanmania.com/items
どれもこれも美味しそう!!今後、更にラインナップが増えていくそうです。楽しみですね。
さて本日のTOCOMマーケットは全面安となりました。今日開幕した中国の全国人民代表大会で、期待に反し2020年の経済成長率の目標設定が見送られたことから、中国政府がインフラ投資をこれまでよりも重視しないと解釈されて原油は大幅に反落しました。(郁)

【目次】
1.TOCOMスクエア情報
2.市況情報

◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■『TOCOM』アプリ□■
商品先物取引をするにあたって、とても便利なスマートフォンアプリ『TOCOM』を、もうご利用になっていらっしゃいますか?
商品市況、チャート、外国為替情報などはもちろん、気配値(買い方/売り方が、買いたい/売りたいと希望する値段のこと)も提供しています。是非『TOCOM』アプリを皆さんの取引に活用して下さいね。無料です!
https://apps.apple.com/jp/app/tocom/id588613873

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2.市況情報     2020/5/22
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、大幅反落
欧米の経済活動再開と主要産油国の減産で需給が改善されるとの観測で、昨日のNY原油相場は2か月ぶりの高値を更新。一時34.66ドルをつけました。しかし、米中関係悪化懸念でNY株式相場が下落したことを嫌気してTOCOMドバイ原油市場の日中取引は安寄りしました。その後、今日から始まった中国全国人民代表大会で、2020年の経済成長率の目標設定が見送られたことなどから、景気回復により原油需要が持ち直すとの期待が後退。NY原油相場の下落を眺め、下げ幅を大幅に拡大しました。中心となる先限(2020年10月限)は、1,730円安の24,950円。その他限月は、1,720円~470円安。

☆金、続落
対ユーロでドルが上昇したことから、ドルの代替先とされるNY金相場が下落。その流れを受けてTOCOM金市場の日中取引は安寄りしました。その後、景気先行き不安によるNY金相場の戻りと円相場の引き締まりの強弱両材料の綱引きで、始値近辺での小動きで取引を終えました。中心となる先限(2021年4月限)は、27円安の5,992円。その他限月は、62円~25円安。ゴールドスポットは、76円安の5,968円。

☆白金、続落
同じ貴金属の金相場の下落に連れて、昨日のNY白金相場も下落。その流れを受けてTOCOM白金市場の日中取引は安寄りしました。その後、一時プラス圏に浮上する場面もありましたが、円相場の引き締まりやNY白金相場の軟化を眺めて下げ幅を拡大しました。中心となる先限(2021年4月限)は、45円安の2,825円。その他限月は、35円~13円安。プラチナスポットは、30円安の2,868円。パラジウムは5日ぶり反落。中心となる先限(2021年4月限)は、208円安の6,952円。

☆ゴム(RSS)、4日ぶり大幅反落
米中対立で中国のタイヤ需要が細るとの懸念に加え、競合する合成ゴムの原料である原油相場が下落したことから、TOCOMゴム市場の日中取引は安寄りしました。その後も円相場の引き締まりや上海相場の軟調を眺めて下げ幅を大きく広げました。中心となる先限(2020年10月限)は、4円00銭安の151円50銭。その他限月は、4円80銭~3円50銭安。

☆とうもろこし、3日ぶり反落
米国産地で作付けが順調に進んでいることによる豊作の観測が広まり、昨日のシカゴとうもろこし相場は続落しました。その流れを受けて、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は、小幅に水準を切り下げて寄り付き、加えて、原油相場の下落によりバイオ燃料需要が減少するとの思惑で下げ幅を拡大しました。中心となる先限(2021年5月限)は、260円安の22,210円。その他限月は、310円安~150円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
※ 本日値上がりした商品はありません

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 プラッツドバイ原油 -6.48%
2位 バージ灯油 -5.77%
3位 バージガソリン -3.62%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 プラッツドバイ原油 37,143枚
2位 金標準取引 24,382枚
3位 白金標準取引 8,908枚

全商品合計取引高(先物) 86,569枚
〃 (オプション) 0枚

日経・東商取商品指数 235.09(前日比: -6.83)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・目立つ、インド、ロシア、ブラジルの感染者増加
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/42394

<参考ニュース>
・原油先物下落、中国が2020年成長率目標示さず(ロイター)
https://jp.reuters.com/article/global-oil-today-idJPKBN22Y0A4

・NY商品、原油が続伸 一時2カ月ぶり高値 需給改善の期待続く 金は反落(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_S0A520C2000000/

・トランプ氏「強力に対処」、香港統制強化で中国けん制(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO59432530S0A520C2000000/

日本経済新聞
https://www.nikkei.com/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿