◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0973 2020/5/28)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

チョコレートでダイエット…って聞くと、そんな馬鹿な!って思う方が多いと思うのですが、最近では常識になりつつある‟チョコレートは太らない”という事実。
そうなんです。チョコレートの原料はカカオ豆。カカオに含まれている脂肪分は主にステアリン酸。これは体内に吸収されにくいという性質をもっているので、チョコレート=太るには直接は結び付かないのです。
それどころか、美と健康を保つ様々な効果があるのです。まずは「アンチエイジング効果」…カカオポリフェノールには、活性酸素の働きを抑えて肌のトラブルを予防してくれる効果があります。「血圧低下・動脈硬化予防」…カカオポリフェノールを継続的に摂取することで血管の炎症や酸化ストレスが低下するので、血管が広がります。「便秘予防」…カカオマスに食物繊維が豊富に含まれていますし、カカオプロテインには腸内環境を整える効果が。「記憶力アップ・認知症予防」…カカオポリフェノールが、脳の栄養となるタンパク質「BDNF」に働きかけることで認知機能がアップし、記憶力を高め、認知症、うつ病も予防してくれるんです。そして「ダイエット効果」…カカオに含まれるテオブロミンには脂肪分解作用、そしてカカオポリフェノールには脂肪の蓄積を抑える効果が!カカオはこんなに優れた食べものなんです。一時流行った「ハイカカオチョコレート」…カカオ70%以上のチョコレートは、このカカオの効能が注目を集めたというわけです。
ただし「ハイカカオチョコレート」は苦いのが玉に瑕。16世紀のアステカ帝国の皇帝はカカオを薬として飲んでいたのはよく知られる話。良薬は口に苦しですね。
でも、コーヒーと一緒に食べれば、コーヒーの香りと上手くマッチングして苦みが気にならなくなるから不思議です!しかも、コーヒーと組み合わせることによって、コーヒーに含まれるカフェインの作用で脂肪燃焼効果がアップするし、覚醒作用で仕事の効率もアップします。
1日に25グラム、出来れば5グラムずつ5回に分けて食べるのが理想的。タイミングは、3時のおやつの他に、ウォーキングの前…効率的に脂肪燃焼できます。そして食事の前3回…食欲を押さえてくれるので食べ過ぎを防いでくれる上、血糖値の上昇もコントロールしてくれるんですって。
ちなみに森永製菓の「カレドショコラ」は1箱18枚入りですが、1枚4.8グラム。明治の「チョコレート効果」は1箱15枚入りで、1枚5グラム、ロッテの「おいしいハイカカオ74%」は1箱14枚入りで、1枚3.9グラムです。
アステカ帝国最後の皇帝、クアウテモックは黄金の在りかを白状させるための拷問に耐えたことで有名ですが、カカオ効果があったのかも…。
さて、本日のTOCOMマーケットは米中対立懸念の深まりで、原油、石油製品は下落。安全資産の金は、反発しました。(郁)

【目次】
1.TOCOMスクエア情報
2.市況情報

◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■『TOCOM』アプリ□■
商品先物取引をするにあたって、とても便利なスマートフォンアプリ『TOCOM』を、もうご利用になっていらっしゃいますか?
商品市況、チャート、外国為替情報などはもちろん、気配値(買い方/売り方が、買いたい/売りたいと希望する値段のこと)も提供しています。是非『TOCOM』アプリを皆さんの取引に活用して下さいね。無料です!
https://apps.apple.com/jp/app/tocom/id588613873

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2.市況情報     2020/5/28
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、大幅続落
米中対立懸念の深まりや、ロシアの減産緩和が伝わり、昨日のNY原油相場は下落しました。その流れを受けて、TOCOMドバイ原油市場の日中取引は大きく水準を切り下げて寄り付き、その後もNY相場の動きを映してもみあい、この日の安値圏で取引を終えました。中心となる先限(2020年10月限)は、1,020円安の24,780円。その他限月は、1,100円~130円安。

☆金、反発
米中対立激化への懸念を背景に昨日のNY金相場が上昇した他、円相場が軟化したことから、TOCOM金市場の日中取引は高寄りしました。その後も、NY相場の堅調地合いを受けて上げ幅を拡大し、この日の高値圏で取引を終えました。中心となる先限(2021年4月限)は、72円高の5,979円。その他限月は、64円~72円高。ゴールドスポットは、62円高の5,950円。

☆白金、先限のみ小幅続落
TOCOM白金市場の日中取引は、決め手材料難から小安く寄り付きました。その後もNY相場円相場ともに動意が薄く、小動きで推移しました。中心となる先限(2021年4月限)は、4円安の2,867円。その他限月は、変わらず~10円高。プラチナスポットは、11円高の2,908円。パラジウムは変わらず。中心となる先限(2021年4月限)は、6,877円。

☆ゴム(RSS)、続落
上海ゴム相場の下落を受けて、TOCOMゴム市場の日中取引は小安く寄り付きました。その後、上海の戻りを眺めて下げ止まりましたが、終盤は原油相場の軟化に押されて弱含みに推移しました。中心となる先限(2020年11月限)は、40銭安の153円60銭。その他限月は、50銭安~20銭高。

☆とうもろこし、3日ぶり反発
昨日のシカゴ相場が米国産地での作付けペースの鈍化を受けて上昇したことや為替が円安に振れたことから、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は高寄りしました。その後は材料を欠き、やや上げ幅を広げて取引を終えました。中心となる先限(2021年5月限)は、100円高の22,300円。その他限月は、150円安~130円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 銀 +2.20%
2位 金 +1.22%
3位 ゴールドスポット +1.05%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 プラッツドバイ原油 -3.95%
2位 バージガソリン -3.32%
3位 バージ灯油 -2.64%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 19,827枚
2位 プラッツドバイ原油 19,757枚
3位 ゴールドスポット 5,149枚

全商品合計取引高(先物) 55,107枚
〃 (オプション) 0枚

日経・東商取商品指数 : 235.09(前日比:-2.28)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・コロナが、米国を原油純輸出国にする!?
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/42447
<参考ニュース>
・NY商品、原油が反落 ロシアが減産緩和と伝わる(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_Y0A520C2000000/

日本経済新聞
https://www.nikkei.com/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿