◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0977 2020/6/3)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

愛知県の小学校で、マスク着用による熱中症対策として傘差し登下校を始めたというニュースを見ました。
https://www.ctv.co.jp/news/articles/iqucv9yxiboicmgb.html
これからの時期、マスクと帽子を着用しての登下校は危険だからと、子どもたちを守るために学校独自の判断で始めたのだそうです。
確かに、大人でもマスクをしているとかなり暑いのに、身長が低くアスファルトにより近い子どもたち、何と体感温度で8度も暑い思いをしているんですって。これは危ない!
また、傘を差すことで、自動的にソーシャルディスタンスも保てるので、一石二鳥なんです。
普通の雨傘でも、差さないよりは効果がありますが、もちろん遮光遮熱機能の高い傘を差すのが理想ですよね。傘を差した時の頭部の体感温度は、遮光性99.99%以上、遮熱効果、紫外線遮蔽率99.99%以上ある傘だと、普通の傘よりも10度も下がるそうです。
子ども用の晴雨兼用傘も最近は充実しています。
「河馬印」の流れを汲むブランド「kukka hippo」のキッズ晴雨兼用折りたたみ日傘
https://www.linedrops.jp/fs/linedrops/c/kukkahippo
“子どもが日傘をさすのがあたりまえの社会”を目指して作られたブランド「cococage」
https://search.rakuten.co.jp/search/mall/cococage+日傘/
小学生の傘差し登校のムーブメントが、全国に広がれば良いのに。そして、日傘男子の増加にもつながれば良いですね。
さて、本日のTOCOMマーケット、原油はOPECプラスの減産期待で大幅に続伸。約3か月ぶりの高値を付けました。金は、株高や原油高を受けて小幅ながら続落です。(郁)

【目次】
1.TOCOMスクエア情報
2.市況情報

◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■「コモディティー投資の魅力」公開のお知らせ□■
日本取引所グループ大阪取引所では6月1日より日経電子版に特設サイト「コモディティー投資の魅力」を公開いたしました。
サイトではコモディティー投資の魅力を皆様にお伝えする様々なコンテンツを掲載いたします。
6月はコラム「『マイナス原油』の衝撃」、大阪取引所山道社長によるスペシャルインタビューなどを掲載しています。コンテンツは今後も順次追加予定です。
日経電子版の最新ニュースもリンクされていますので、ぜひご覧ください。

日経電子版特設サイト「コモディティー投資の魅力」
https://ps.nikkei.co.jp/ose2020/index.html

□■『TOCOM』アプリ□■
商品先物取引をするにあたって、とても便利なスマートフォンアプリ『TOCOM』を、もうご利用になっていらっしゃいますか?
商品市況、チャート、外国為替情報などはもちろん、気配値(買い方/売り方が、買いたい/売りたいと希望する値段のこと)も提供しています。是非『TOCOM』アプリを皆さんの取引に活用して下さいね。無料です!
https://apps.apple.com/jp/app/tocom/id588613873

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2.市況情報     2020/6/3
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、大幅続伸
OPECプラスの大幅減産の延長期待で取引中のNY原油相場が上伸。その流れを受けてTOCOMドバイ原油市場の日中取引も大きく水準を切り上げて寄り付きました。その後、上げ幅を縮小する場面もありましたが、NY相場の堅調を眺めて、上げ幅を拡大。終盤に一時27,990円と、約3カ月ぶりの高値を付けました。中心となる先限(2020年11月限)は、1,250円高の27,910円。その他限月は、1,120円~1,390円高。

☆金、小幅続落
昨日のNY金相場は続落しましたが、為替の円安にサポートされてTOCOM金市場の日中取引は高寄りしました。その後は、NY相場の軟化と円の引き締まりを受けて小幅にもみ合いながらじりじりと水準を切り下げ、マイナス圏に沈みました。中心となる先限(2021年4月限)は、5円安の6,009円。その他限月は、10円安~8円高。ゴールドスポットは、12円高の6,021円。

☆白金、3日ぶり反落
NY白金相場が、同じ貴金属の金の軟調に連れて下落した流れを受け、TOCOM白金市場の日中取引は安寄りしました。寄り付き後に一時プラス圏に浮上する場面もありましたが、NY白金軟化と円の引き締まりに押されて水準を切り下げました。中心となる先限(2021年4月限)は、12円安の2,887円。その他限月は、12円~5円安。プラチナスポットは、2円安の2,931円。パラジウムも反発。中心となる先限(2021年4月限)は77円高の、6,899円。

☆ゴム(RSS)、3日続伸
TOCOMゴム市場の日中取引は、円安進行を好感し高寄りしました。その後も上海相場の堅調や原油、株価の上昇を背景に高値圏で推移し、一時、約2カ月半ぶりの高値を付けました。中心となる先限(2020年11月限)は、1円70銭高157円00銭。その他限月は、3円40銭安~1円30銭高。

☆とうもろこし、小幅反発
昨日のシカゴ相場の上昇と円安を受けて、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は高寄りしました。その後、取引中のシカゴ相場が、米産地の天候が良好なことから弱含んだのを眺め、上げ幅を縮小しました。中心となる先限(2021年5月限)は、60円高の22,640円。その他限月は、変わらず~190円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 プラッツドバイ原油 +4.69%
2位 銀 +3.31%
3位 バージガソリン +3.29%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 白金 -0.41%
2位 金 -0.08%
3位 プラチナスポット -0.07%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 23,576枚
2位 プラッツドバイ原油 20,567枚
3位 ゴールドスポット 4,745枚

全商品合計取引高(先物) 63,087枚
〃 (オプション) 0枚

日経・東商取商品指数 : 247.51(前日比:+5.79)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・減産初月、OPEC側は減産順守できず その2
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/42499

<参考ニュース>
・NY商品、原油が反発、協調減産の延長観測で 金は続落(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_T00C20A6000000/

日本経済新聞
https://www.nikkei.com/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿