◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0991 2020/6/23)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

朝テレビを見ていたら、キャッシュレス・ポイント還元事業がいよいよ6月30日で終わりと伝えていました。そうでした。コロナ騒ぎですっかり忘れていました!
実は、週末久しぶりにヨドバシカメラに行ったら、家電製品コーナーに妙にカップルが多かったので、「コロナ後押し結婚」のカップルだろうな…って思っていたのです。
ご存知でしたか?今般のコロナ自粛をきっかけに、若いカップルの3組に1組が結婚を決めたのだそうです。
これは、多くの企業や市場リサーチを行っている日本マーケティングリサーチ機構が先月インターネットで行った世論調査の結果なんです。https://jmro.co.jp/pr00216/
交際相手のいる若者1,500人の内、「結婚した・もしくは決意した」と答えた人が502人(33.47%)にも上ったんです。(ちなみに、別れてしまった人も225人(15.0%)もいたそうですが…。)
結構高い割合におどろいたのですが、実際に、宝飾店では婚約指輪の売上高が伸びているんですってね。
話を戻して、ヨドバシカメラの混雑、そんな、「コロナ後押し結婚」に加えての、キャッシュレス・ポイント還元事業の駆け込み消費のダブル効果だったというわけなんですね。
緊急事態宣言解除が、キャッシュレス・ポイント還元事業の締め切りに間に合って良かったですね。今、通販で何でも買える時代ですが、さすがに家電や家具は長く使うものだし、実物を見て購入を決めたいもの。それに、家電売り場でイチャイチャ買い物するのは、新婚カップルの“今だけ”の特権ですもんね。(←若干のひがみも入っていますが…。)
キャッシュレス・ポイント還元事業終了まで、あと1週間。5%還元は大きな買い物ですから、必要なものはないか、今一度考えてみるといいですね。
さて、本日のTOCOMマーケット、概ね上伸です。工業用需要の多い原油や白金・ゴムは米国と中国の貿易問題で大きく水準を切り下げる場面がありましたが、その後、為替が円安に振れたことにサポートされて水準を切り上げました。安全資産の金はコロナ感染拡大懸念で続伸。とうもろこしは産地の天候が良好なため、豊作観測が広まり反落しました。(郁)

【目次】
1.TOCOMスクエア情報
2.市況情報

◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■「コモディティー投の魅力」公開のお知らせ□■
日本取引所グループ大阪取引所では6月1日より日経電子版に特設サイト「コモディティー投資の魅力」を公開いたしました。
サイトではコモディティー投資の魅力を皆様にお伝えする様々なコンテンツを掲載いたします。
6月はコラム「『マイナス原油』の衝撃」、大阪取引所山道社長によるスペシャルインタビューなどを掲載しています。コンテンツは今後も順次追加予定です。
日経電子版の最新ニュースもリンクされていますので、ぜひご覧ください。

日経電子版特設サイト「コモディティー投資の魅力」
https://ps.nikkei.co.jp/ose2020/index.html

□■『TOCOM』アプリ□■
商品先物取引をするにあたって、とても便利なスマートフォンアプリ『TOCOM』を、もうご利用になっていらっしゃいますか?
商品市況、チャート、外国為替情報などはもちろん、気配値(買い方/売り方が、買いたい/売りたいと希望する値段のこと)も提供しています。是非『TOCOM』アプリを皆さんの取引に活用して下さいね。無料です!
https://apps.apple.com/jp/app/tocom/id588613873

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2.市況情報     2020/6/23
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、反発
経済回復やOPECプラスの減産などで需給が改善するとの思惑が広がり昨日のNY原油相場が上伸。その流れを引き継いでTOCOMドバイ原油市場の日中取引は高寄りしました。米国高官の対中貿易協議をめぐる発言を受けて大きく下落する場面もありましたが、その後円安を眺めて水準を戻しました。中心となる先限(2020年11月限)は870円高の28,600円。その他限月は、150円~840円高。

☆金、3日続伸
コロナ感染者増加への懸念などを背景に昨日のNY金相場が上昇した流れを受けて、TOCOM金市場の日中取引は高寄りしました。その後、NY金の堅調と為替が円安に振れたのを好感して上げ幅を拡大しました。中心となる先限(2021年4月限)は、20円高の6,038円。その他限月は、11円~26円高。ゴールドスポットは、14円高の6,027円。

☆白金、3日続伸
TOCOM白金市場の日中取引は高寄りしました。その後、米国高官の対中貿易協議をめぐる発言で取引中のNY相場が軟化したのを受けてマイナス圏に沈む場面もありましたが、NYの戻りと円相場の軟化を眺めてプラス圏に浮上しました。中心となる先限(2021年4月限)は、7円高の2,810円。その他限月は、3円安~13円高。プラチナスポットは、15円高の2,815円。パラジウムは続伸。中心となる先限(2021年4月限)は21円高の6,630円。

☆ゴム(RSS)、反発
TOCOMゴム市場の日中取引は高寄りしました。その後、米中関係への懸念で上海ゴム相場が下落したのを眺めてマイナス圏に沈みましたが、円相場の軟化を眺めて昨日の終値近辺まで水準を戻し、ほぼ横ばいで推移しました。中心となる先限(2020年11月限)は、10銭高の157円80銭。その他限月は、80銭~10銭安。

☆とうもろこし、4日ぶり反落
米国産地の好天見通しを背景にシカゴとうもろこし相場が下落したことを受けて、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は安寄りしました。その後も取引中のシカゴ相場の軟化を眺めで水準を切り下げました。中心となる先限(2021年7月限)は、190円安の22,660円。その他限月は、180円安~変わらず。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 プラッツドバイ原油 +3.14%
2位 バージ灯油 +2.68%
3位 バージガソリン +1.77%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 とうもろこし -0.83%
2位 銀 -0.65%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 21,577枚
2位 プラッツドバイ原油 15,614枚
3位 白金標準取引 3,915枚

全商品合計取引高(先物) 51,604枚
〃 (オプション) 0枚

日経・東商取商品指数 : 252.62(前日比:+4.05)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・新型コロナ、世界全体では“第1波拡大中”
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/42672

<参考ニュース>
・トランプ氏、米中貿易合意は「有効」 側近発言打ち消し(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60668710T20C20A6EAF000/

日本経済新聞
https://www.nikkei.com/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿