◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0996 2020/6/30)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

【お知らせ】
来月7月27日、いよいよ総合取引所が誕生いたします!
日本取引所グループ(JPX)では、金融・コモディティのデリバティブの情報を一つのメールマガジンに統合して発信する予定です。
これに伴い、7月22日をもってTOCOMスクエア通信の配信を終了します。
2016年5月9日から4年2か月ちょっと、毎日お付き合いいただきましてありがとうございました!
今後、JPXの新たなメールマガジンに新規登録いただき、金融・コモディティのデリバティブの情報を収集してください。
詳細は近日中にご案内しますのでご期待ください!

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

新潟は日本酒大国ですが、実はクラフトビール(地ビール)発祥の地でもあるのです。日本のクラフトビール第1号のエチゴビール。1994年の創業当時から飲んでいたので、私のクラフトビールの飲酒歴は、おそらく日本人の中ではかなり長い方だと思います。
コロナ前は平均して週に1回はクラフトビールを飲みに行きましたが、自粛中は全国のクラフトビールを“お取り寄せ”して楽しんでいました。
クラフトビールとは“小規模な醸造所がつくる多様で個性的なビール”。今、全国に443の醸造所があり、銘柄数は797に上ります。ひとつとして同じ味はなく、毎週1銘柄飲んだとしても全部飲みつくすには単純計算で15年かかるんですよね…。
比較的アルコール度数が高いし、味わいながら飲むので、お店で飲むとしてもせいぜい1杯か2杯程度。そう考えれば、クラフトビールって安上がりで楽しい趣味だと思うのです。
そんな私が、今、気になっているのが「クラフトコーラ」。
コーラにも“クラフト”ものがあるんです。
こちらはビールと違って、世界初にして、唯一のクラフト工房。それが、東京の下落合にある『伊良(いよし)コーラ』http://iyoshicola.com/
2018年7月にワゴン車による移動販売からスタートと、歴史はまだ浅いのですが、その美味しさはもちろん、ラーメンや、珈琲とのコラボ商品を作るなど、斬新な発想でも注目を集めています。
コーラって、体に悪い飲み物ってイメージがありませんか。でも『伊良コーラ』は、全て天然の材料…柑橘類、スパイス、コーラの実などを使った、むしろ身体に良いコーラ。なんでも、伊良コーラ代表のコーラ小林さんのお爺さまは、和漢方職人。そのお爺さまの残した工房や道具、そして漢方調合の知識をコーラづくりに生かしているのだそうです。
出来立てのコーラ、飲んだ人はみな美味しくてびっくりするんだとか。飲んでみたいと思いません?営業時間は、金・土・日の13時から17時まで。
今、高島屋と提携してお中元用の販売もしているそうです。http://u0u1.net/xz0v
半年頑張った自分に贈っちゃおうかな…。
さて、本日のTOCOMマーケット、株高と円安を好感して全面高でした。(郁)

【目次】
1.TOCOMスクエア情報
2.市況情報

◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■「コモディティー投資の魅力」公開のお知らせ□■
日本取引所グループ大阪取引所では6月1日より日経電子版に特設サイト「コモディティー投資の魅力」を公開いたしました。
サイトではコモディティー投資の魅力を皆様にお伝えする様々なコンテンツを掲載いたします。
6月はコラム「『マイナス原油』の衝撃」、大阪取引所山道社長によるスペシャルインタビューなどを掲載しています。コンテンツは今後も順次追加予定です。
日経電子版の最新ニュースもリンクされていますので、ぜひご覧ください。

日経電子版特設サイト「コモディティー投資の魅力」
https://ps.nikkei.co.jp/ose2020/index.html

□■『TOCOM』アプリ□■
商品先物取引をするにあたって、とても便利なスマートフォンアプリ『TOCOM』を、もうご利用になっていらっしゃいますか?
商品市況、チャート、外国為替情報などはもちろん、気配値(買い方/売り方が、買いたい/売りたいと希望する値段のこと)も提供しています。是非『TOCOM』アプリを皆さんの取引に活用して下さいね。無料です!
https://apps.apple.com/jp/app/tocom/id588613873

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2.市況情報     2020/6/29
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、反落
米株式相場が上昇したことから昨日のNY原油相場が大幅に反発し、TOCOMドバイ原油市場の日中取引も大きく水準を切り上げて寄り付きました。その後は、NY相場が水準を切り下げる一方で為替が円安に振れ、強弱材料の交錯でもみ合を続け、高値圏で取引を終えました。中心となる先限(2020年11月限)は1,290円高の27,770円。その他限月は、100円~1,260円高。

☆金、続伸
コロナ感染者拡大不安で、安全資産の金に投資資金が流入。昨日のNY金相場が反発し、TOCOM金市場の日中取引も高寄りしました。その後も、円安にサポートされて上げ幅を拡大しました。尚、夜間取引で一時6,145円を付け、上場来高値を更新しました。中心となる先限(2021年6月限)は、30円高の6,142円。その他限月は、29円~37円高。ゴールドスポットは、40円高の6,136円。

☆白金、続伸
前日の米国株式の上昇を好感し、工業用重要が多く景気に敏感な白金は高寄りしました。その後も円相場の軟化を眺めて上げ幅を拡大しましたが、終盤に円相場が引き締まったのを映して水準を切り下げました。中心となる先限(2021年6月限)は、38円高の2,818円。その他限月は、26円~41円高。プラチナスポットは、42円高の2,821円。パラジウムは続伸。中心となる先限(2021年6月限)は17円高の6,537円。

☆ゴム(RSS)、反発
TOCOMゴム市場の日中取引は、円相場の軟化を受けて反発して寄り付きました。その反動で、一時マイナス圏に沈む場面もありましたが、原油相場高や上海ゴム相場高にサポートされて切り返し、堅調に推移しました。中心となる先限(2020年12月限)は、50銭高の154円50銭。その他限月は、10銭~1円60銭高。

☆とうもろこし、4日ぶり反発
原油相場の上昇でエタノール需要が増加するとの思惑が広がり、このところ豊作観測で下落が続いた反動もあって、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は高寄りしました。その後は決め手を欠いて、始値近辺で小動きを続けました。中心となる先限(2021年7月限)は、480円高の22,790円。その他限月は、170円安~320円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 プラッツドバイ原油  +4.87%
2位 バージガソリン +4.73%
3位 中京灯油 +3.66%

値下がり商品(先限、騰落率)
※ 本日、値下がりした商品はありません。
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 19,710枚
2位 プラッツドバイ原油 17,118枚
3位 ゴム(RSS) 5,618枚

全商品合計取引高(先物) 56,943枚
〃 (オプション) 0枚

日経・東商取商品指数 : 250.06(前日比:+7.25)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・チェサピーク・エナジー、連邦破産法11条の適用を申請
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/42736

<参考ニュース>
・NY商品、原油が反発 米中の経済指標の改善で 金は続伸(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_Q0A630C2000000/

・LME銅、5カ月ぶり高値 南米生産国の供給懸念で(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60966080Q0A630C2EN2000/

日本経済新聞
https://www.nikkei.com/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿