◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0997 2020/7/1)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

【お知らせ】
来る7月27日、いよいよ総合取引所が誕生いたします!
日本取引所グループ(JPX)では、金融・コモディティのデリバティブの情報を一つのメールマガジンに統合して発信する予定です。
これに伴い、7月22日をもってTOCOMスクエア通信の配信を終了します。
2016年5月9日から4年2か月ちょっと、毎日お付き合いいただきましてありがとうございました!
今後、JPXの新たなメールマガジン『JPX デリバティブ メールマガジン』に新規登録いただき、金融・コモディティのデリバティブの情報を収集してください。
https://www.jpx.co.jp/learning/mail-magazine/index.html

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

明日、7月2日、兜町に素敵なパティスリーとフレンチレストランが、同時グランドオープンします。
『ease(イーズ)』https://eatcretator.wixsite.com/ease
『Neki(ネキ)』https://www.facebook.com/nekitokyo2020/
なんでも、それぞれのお店の代表を務める若きパティシエとシェフが、約11年前にフランスの同じお店で修業し、以来、ジャンルは違えどもお互いを認め合い、同志として夢を語り合ってきた仲なのだとか!
日本橋兜町にお店を構えることを決めたのは、兜町が歴史と伝統が混在し、変化を続ける街だから。お二人の作るお菓子や料理と通ずるものがあるのだそうです。
コロナに阻まれながらも約1か月前にプレオープン。ようやく明日からのグランドオープンに漕ぎつけた…というストーリー。奇しくも11年前といえばリーマンショックの年です。テレ東かTBSで、兜町を舞台としたドキュメンタリーかあるいはドラマの題材にもなりそうですよね。
『ease』のお菓子のこだわりは、素材の組み合わせ・香り・味わいの余韻。フルーティな味わいが特徴のアマゾンカカオを使ったシュークリームや、山葵を使った苺のショートケーキもあるんです。山葵は主役ではなくて、脇役。山葵を使うことで生クリームに清涼感が生まれるんですって。生クリームが苦手という方でも美味しく食べられそうですね。
『Neki』は、居心地がよく身近に感じてもらえるレストランがコンセプト。中部以西の地方では、根際(ねき)という言葉があるのだそうです。意味は「そば・かたわら」。テーブル席の他にオープンキッチンをぐるりと囲んだカウンター席が用意されているので、1人でも気軽に楽しめそうです。
テイクアウトも出来るランチメニューでは、今トレンドの“プルドポーク”のグリルサンドが食べられます。しかも、TOCOM近くの「ビーバーブレッド」のパンを使っているというのも浅からぬ縁を感じます。
東京日本橋にお出かけの際にいかがでしょうか?
さて、本日のTOCOMマーケット、とうもろこしが大幅続伸しました。米国の作付面積が市場予想よりも大幅に少なかったことが好感されました。金は2日続けて上場来高値更新です。(郁)

【目次】
1.TOCOMスクエア情報
2.市況情報

◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■「コモディティー投資の魅力」公開のお知らせ□■
日本取引所グループ大阪取引所では6月1日より日経電子版に特設サイト「コモディティー投資の魅力」を公開いたしました。
サイトではコモディティー投資の魅力を皆様にお伝えする様々なコンテンツを掲載いたします。
6月はコラム「『マイナス原油』の衝撃」、大阪取引所山道社長によるスペシャルインタビューなどを掲載しています。コンテンツは今後も順次追加予定です。
日経電子版の最新ニュースもリンクされていますので、ぜひご覧ください。

日経電子版特設サイト「コモディティー投資の魅力」
https://ps.nikkei.co.jp/ose2020/index.html
□■『TOCOM』アプリ□■
商品先物取引をするにあたって、とても便利なスマートフォンアプリ『TOCOM』を、もうご利用になっていらっしゃいますか?
商品市況、チャート、外国為替情報などはもちろん、気配値(買い方/売り方が、買いたい/売りたいと希望する値段のこと)も提供しています。是非『TOCOM』アプリを皆さんの取引に活用して下さいね。無料です!
https://apps.apple.com/jp/app/tocom/id588613873

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2.市況情報     2020/7/1
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、続伸
米原油在庫が減少したことを材料に取引中のNY原油相場が上昇。その流れを受けて、今日新甫発会のTOCOMドバイ原油市場の日中取引は、水準を切り上げて寄り付きました。その後、NY原油相場の上昇は一服。為替相場が円高に振れるのを眺めて上げ幅を縮小しました。中心となる先限(2020年12月限)は27,980円。その他限月は、120円安~70円高。

☆金、3日続伸
コロナ感染拡大への懸念で、昨日のNY金相場は一時1,804.0ドルと、2011年秋以来約9年ぶりの高値を付けました。その強い地合いを引き継いで、TOCOM金市場の日中取引も水準を切り上げて寄り付きました。寄り付き後に一時6,202円をつけ、昨日に続いて上場来高値を更新しましたが、その後は円相場の引き締まりを眺めて上げ幅を縮小しました。中心となる先限(2021年6月限)は、40円高の6,182円。その他限月は、31円~41円高。ゴールドスポットは、27円高の6,163円。

☆白金、3日続伸
同じ貴金属である金の相場が上昇したのに連れてTOCOM白金市場の日中取引も高寄りしました。その後、NY相場の堅調を映して水準を切り上げる場面もありましたが、円の引き締まりを受けて上値は抑えられました。中心となる先限(2021年6月限)は、57円高の2,875円。その他限月は、47円~70円高。プラチナスポットは、42円高の2,863円。パラジウムは続伸。中心となる先限(2021年6月限)は61円高の6,598円。

☆ゴム(RSS)、反落
TOCOMゴム市場の日中取引は、材料を欠き小甘く寄り付きました。その後、プラス圏に浮上する場面もありましたが、円相場の引き締まりを受けて再びマイナス圏に沈み、始値と同値で取引を終えました。中心となる先限(2020年12月限)は、10銭安の154円40銭。その他限月は、70銭安~30銭高。

☆とうもろこし、続伸
米農務省が昨日発表したとうもろこしの作付面債が市場予想を大幅に下回ったため、需給が引き締まるとの思惑でシカゴとうもろこし相場が大幅続伸。その流れを受けてTOCOMとうもろこし市場の日中取引も高寄りしました。その後も取引中のシカゴ相場の堅調を眺めて上げ幅を拡大しました。中心となる先限(2021年7月限)は、600円高の23,390円。その他限月は、440円~590円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 とうもろこし  +2.63%
2位 白金 +2.02%
3位 銀 +1.78%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 バージ灯油  -0.32%
2位 ゴム(RSS) -0.06%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 29,236枚
2位 プラッツドバイ原油 8,244枚
3位 白金標準取引 6,891枚

全商品合計取引高(先物) 59,935枚
〃 (オプション) 0枚

日経・東商取商品指数 : 250.52(前日比:+0.46)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・3000億円の偽の金塊融資事件
【著者】近藤雅世
https://column.cx.minkabu.jp/42751

・OPEC側10カ国、6月も減産順守ならず。しかし原油相場の強材料?その1
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/42745

・チェサピーク・エナジー、連邦破産法11条の適用を申請
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/42736

<参考ニュース>
・NY商品、原油が反落 新型コロナへの懸念で 金は9年ぶり高値(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_R00C20A7000000/

日本経済新聞
https://www.nikkei.com/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿