◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.1005 2020/7/13)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

【お知らせ】
来る7月27日、いよいよ総合取引所が誕生いたします!
日本取引所グループ(JPX)では、金融・コモディティのデリバティブの情報を一つのメールマガジンに統合して発信する予定です
これに伴い、7月22日をもってTOCOMスクエア通信の配信を終了します。
2016年5月9日から4年2か月ちょっと、毎日お付き合いいただきましてありがとうございました!
今後、JPXの新たなメールマガジン『JPX デリバティブ メールマガジン』に新規登録いただき、金融・コモディティのデリバティブの情報を収集してください。
https://www.jpx.co.jp/learning/mail-magazine/index.html

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
th-300x300
コロナウイルスとの闘い、やはり長期戦になりそうですね。
街も、コロナ以前に戻るのではなく、コロナの中でも営業できる新しい形を模索しているようです。私たちも工夫して日常を取り戻していかなくてはなりません。
会員になっているトレーニングジムも、またいつ営業自粛になるか…ちょっと不安な毎日なのですが、そんな中、今日見つけたのが『ハコジム』。広島に拠点をもつトレーニングジムですが、完全個室のジムなんです。https://hacogym.jp/
月会費が3,800円(別途入会費6,000円)。1日1時間、24時間365日、毎日でも利用出来て、希望すれば1時間2,900円でトレーナーからマンツーマンで指導を受けることも出来るのです。
値段だけでなく、さらに魅力的なのが、このジム、マシンではなく、よりトレーニング効果の高いフリーウェイト専門のジムなんです
以前、パーソナルトレーニングに通っていた時にやっていたようなウェイトトレーニングをやりたいと、いつも思っていたのですが、一般的な24時間制のジムでは基本フリーウェイトはやっていないんですよね。
現在、広島市内に6店舗営業。来月、博多にも新規オープンするそうです。
実は、検索したら「八丁堀店」と出てきたので「なんだ近くにあるじゃない!」と大喜びしたのですが、広島市の八丁堀店でした…。
ちなみに、レンタルジムというものは東京にもありますが、殆どはフリーランスのトレーナーさんがパーソナルトレーニングを行う時に使用するところのようです。
「ハコジム」東京にも進出してくれないかなぁ。
さて、本日のTOCOMマーケットは、ほぼ全面高となりました。原油はIEAが2020年の世界の石油需要予測を上方修正したことを好感して反発。金は景気先行き不安で反発。それに連れて白金も反発しました。唯一とうもろこしは、産地の降雨予報で続落です。(郁)

【目次】
1.TOCOMスクエア情報
2.市況情報

◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■「コモディティー投資の魅力」公開のお知らせ□■
日本取引所グループ大阪取引所では6月1日より日経電子版に特設サイト「コモディティー投資の魅力」を公開いたしました。
サイトではコモディティー投資の魅力を皆様にお伝えする様々なコンテンツを掲載いたします。
7月はコラム「コメから生まれた先物市場」、商品取引入門「商品先物取引の役割」などを掲載しています。コンテンツは今後も順次追加予定です。
日経電子版の最新ニュースもリンクされていますので、ぜひご覧ください。

日経電子版特設サイト「コモディティー投資の魅力」
https://ps.nikkei.co.jp/ose2020/index.html

□■『TOCOM』アプリ□■
商品先物取引をするにあたって、とても便利なスマートフォンアプリ『TOCOM』を、もうご利用になっていらっしゃいますか?
商品市況、チャート、外国為替情報などはもちろん、気配値(買い方/売り方が、買いたい/売りたいと希望する値段のこと)も提供しています。是非『TOCOM』アプリを皆さんの取引に活用して下さいね。無料です!
https://apps.apple.com/jp/app/tocom/id588613873

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2.市況情報     2020/7/13
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、反発
IEAが2020年の世界の石油需要予測を上方修正したことを好感し、先週末のNY原油相場が反発。TOCOMドバイ原油市場の日中取引も高寄りしました。その後、NY相場の上昇一服を受けて一旦水準を切り下げましたが、終盤に為替が円安に振れたのを眺めて上げ幅を拡大しました。中心となる先限(2020年12月限)は890円高の28,790円。その他限月は、490円~960円高。

☆金、反発
米景気の先行き懸念で取引き中のNY金相場が上昇。その地合いを引き継いで、TOCOM金市場の日中取引も高寄りしました。その後も、NY相場の堅調を眺めて強含みに推移。この日の高値圏で取引を終えました。中心となる先限(2021年6月限)は、29円高の6,214円。その他限月は、32円~37円高。ゴールドスポットは、36円高の6,198円。

☆白金、反発
同じ貴金属の金の上昇に連れて、TOCOM白金市場の日中取引も高寄りしました。その後、NY白金相場の上伸を眺めて水準を切り上げ、この日の高値圏で取引を終えました。中心となる先限(2021年6月限)は、50円高の2,862円。その他限月は、48円~63円高。プラチナスポットは、56円高の2,888円。パラジウムは大幅続伸。中心となる先限(2021年6月限)は、148円高の6,828円。

☆ゴム(RSS)、反発
先週末の上海ゴム相場や原油相場の上昇を受けてTOCOMゴム市場の日中取引も高寄りしました。その後、株高などにサポートされ、プラス圏でもみ合いました。中心となる先限(2020年12月限)は、1円70銭高の156円80銭。その他限月は、40銭~1円90銭高。

☆とうもろこし、続落
米国産地の降雨の予報を受けて先週末のシカゴ相場が下落したことから、TOCOMとうもろこし市場の日中取引も安寄りしました。その後もシカゴの軟調地合いを眺めて水準を切り下げました。中心となる先限(2021年7月限)は、510円安の22,880円。その他限月は、590円~240円安。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 銀  +3.29%
2位 プラッツドバイ原油 +3.19%
3位 バージ灯油 +2.68

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 とうもろこし  -2.18%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 プラッツドバイ原油 75,603枚
2位 金標準取引 20,584枚
3位 ゴールドスポット 4,762枚

全商品合計取引高(先物) 110,111枚
〃 (オプション) 0枚

日経・東商取商品指数 : 255.88(前日比: +4.68)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・週刊石油展望
【著者】三浦 良平
https://column.cx.minkabu.jp/42853

・完全回復せず!?2020年下半期の米国の石油消費見通し
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/42846

・ゴム週刊情報
【著者】小網太郎
https://column.cx.minkabu.jp/42839

<参考ニュース>
日本経済新聞
https://www.nikkei.com/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿