◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.1008 2020/7/16)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

【お知らせ】
来る7月27日、いよいよ総合取引所が誕生いたします!
日本取引所グループ(JPX)では、金融・コモディティのデリバティブの情報を一つのメールマガジンに統合して発信する予定です
これに伴い、7月22日をもってTOCOMスクエア通信の配信を終了します。
2016年5月9日から4年2か月ちょっと、毎日お付き合いいただきましてありがとうございました!
今後、JPXの新たなメールマガジン『JPX デリバティブ メールマガジン』に新規登録いただき、金融・コモディティのデリバティブの情報を収集してください。
https://www.jpx.co.jp/learning/mail-magazine/index.html

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
th-300x300

うーん。新規感染者数増えていますね…。
先月中旬くらいから、私独自の外食ルールを「カウンター横並びで成立する2人までOK」のレベル3に引き下げていたのですが、やはり「独り飲み・独り食べのみOK」のレベル4に、一段階戻さないといけないなと思いました。
このレベル分けは、あくまでも私個人で決めた外食ルールで、東京都の感染状況の警戒レベルとは関係ありませんので、誤解のないように!!!
ちなみにレベル2は、「4人掛けのテーブルが満席にならない3人までOK」レベル1は「4人以上でもOK」レベル0でようやく「パーティー・大宴会OK」。逆にレベル5は「外食はNGで、テイクアウトのみOK」。感染者の数などの様子を見て、自分の行動を自分でしっかり管理しています。
ついでに「Go Toトラベル」なんて、都内に住んでいる私にとっては、もってのほかです。
となると、飲み会はやはり「リモート飲み」ですかね。
このコラムでもいち早く、リモート飲み会のアプリをご紹介しましたが、私自身は、実は今まで一度もリモート飲み会をやっていません。
部屋が映ると恥ずかしい…とか、お洒落なおつまみを用意しなくちゃならないかな、でも余りにも力が入りすぎると浮いちゃって恥ずかしいかも…なんて、考えていたら面倒くさくなってしまい、独りで好きなもの食べて飲んでる方が楽でいい…という結論になっちゃったんですよね。
でもでも、こんなリモート飲みだったら楽で楽しそう!
『きんくらDEリモ飲み』
格安で知られる居酒屋チェーン「金の蔵」の「秋葉原昭和通り店」で、期間限定で今、リモート飲み専用ブースを用意しているですって。座席には仕切りが設けられているので、隣を気にする必要もありません。
その上、タブレット端末とイヤフォンマイクを無料で貸してもらえるので、手ぶらでOK。フリーwi-fiも完備されているのです。
もちろん居酒屋ですから飲み物やおつまみは、注文すればいくらでも食べられますもんね。なんて便利なんでしょう!
秋葉原昭和通り店以外でも、自身でツールを準備すれば、リモ飲みさせて貰えるそうですよ。しかも、金の蔵、月額4,000円で毎日2時間飲み放題のサブスクリプションをやっていますからね!サブスクを利用している人だったら、おつまみ代だけでOKということですよね!?
さて、本日のTOCOMマーケット、米原油在庫減などを好感して原油、石油商品は続伸しましたが、そのほかはおおむね軟調でした。(郁)

【目次】
1.TOCOMスクエア情報
2.市況情報

◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■「コモディティー投資の魅力」公開のお知らせ□■
日本取引所グループ大阪取引所では6月1日より日経電子版に特設サイト「コモディティー投資の魅力」を公開いたしました。
サイトではコモディティー投資の魅力を皆様にお伝えする様々なコンテンツを掲載いたします。
7月はコラム「コメから生まれた先物市場」、商品取引入門「商品先物取引の役割」などを掲載しています。コンテンツは今後も順次追加予定です。
日経電子版の最新ニュースもリンクされていますので、ぜひご覧ください。

日経電子版特設サイト「コモディティー投資の魅力」
https://ps.nikkei.co.jp/ose2020/index.html

□■『TOCOM』アプリ□■
商品先物取引をするにあたって、とても便利なスマートフォンアプリ『TOCOM』を、もうご利用になっていらっしゃいますか?
商品市況、チャート、外国為替情報などはもちろん、気配値(買い方/売り方が、買いたい/売りたいと希望する値段のこと)も提供しています。是非『TOCOM』アプリを皆さんの取引に活用して下さいね。無料です!
https://apps.apple.com/jp/app/tocom/id588613873

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2.市況情報     2020/7/16
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、続伸
米原油在庫減などを背景に昨日のNY原油相場が上昇したのを受けて、TOCOMドバイ原油市場の日中取引は高寄りしました。しかし、その後NY相場が水準を切り下げるのを眺めて上げ幅を縮小しました。中心となる先限(2020年12月限)は80円高の28,860円。その他限月は、60円~180円高。

☆金、反落
対ユーロでのドル安が進み、代替投資先とされるNY金相場は反発しました。TOCOM金市場の日中取引も、円高に頭を押さえられながらも小確りと寄り付きましたが、その後NY金相場が軟化したのを眺めて水準を切り下げ、マイナス圏に沈みました。中心となる先限(2021年6月限)は、9円安の6,223円。その他限月は、24円~5円安。ゴールドスポットは、11円安の6,210円。

☆白金、3日続落
昨日のNY白金相場が小幅ながら上昇した流れを受けて、TOCOM白金市場の日中取引は高寄りしましたが、その後、NY相場の軟化を眺めて弱含みに推移し、この日の安値で取引を終えました。中心となる先限(2021年6月限)は、18円安の2,803円。その他限月は、22円~15円安。プラチナスポットは、17円安の2,846円。パラジウムは反発。中心となる先限(2021年6月限)は、10円高の6,798円。

☆ゴム(RSS)、反落
TOCOMゴム市場の日中取引は、円高を受けて小安く寄り付き、その後も上海相場の軟化などを眺めて値位置を切り下げました。中心となる先限(2020年12月限)は、90銭安の155円60銭。その他限月は、1円20銭安~1円70銭高。

☆とうもろこし、反落
昨日のシカゴとうもろこし相場は上昇しましたが、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は、円高に押されて安寄りしました。その後も米国産地でとうもろこしの生育に適した天候が続くとの観測を受けて水準を切り下げました。中心となる先限(2021年7月限)は、160円安の22,760円。その他限月は、1,290円安~150円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 プラッツドバイ原油  +0.28%
2位 バージ灯油 +0.16%
3位 バージガソリン +0.15%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 銀  -1.19%
2位 とうもろこし -0.70%
3位 白金 -0.64%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 19,259 枚
2位 プラッツドバイ原油 9,967枚
3位 金ミニ取引 3,923枚

全商品合計取引高(先物) 42,303枚
〃 (オプション) 0枚

日経・東商取商品指数 : 255.76(前日比:+0.06)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・米国の原油生産量は、年末まで回復せず
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/42875

<参考ニュース>
・NY商品、原油が続伸 ワクチン開発で経済活動の正常化を期待 金は小反発(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_W0A710C2000000/

日本経済新聞
https://www.nikkei.com/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿