◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.1009 2020/7/17)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

【お知らせ】
来る7月27日、いよいよ総合取引所が誕生いたします!
日本取引所グループ(JPX)では、金融・コモディティのデリバティブの情報を一つのメールマガジンに統合して発信する予定です
これに伴い、7月22日をもってTOCOMスクエア通信の配信を終了します。
2016年5月9日から4年2か月ちょっと、毎日お付き合いいただきましてありがとうございました!
今後、JPXの新たなメールマガジン『JPX デリバティブ メールマガジン』に新規登録いただき、金融・コモディティのデリバティブの情報を収集してください。
https://www.jpx.co.jp/learning/mail-magazine/index.html

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300
「倍返しだ!」のセリフで人気を博した、日曜劇場「半沢直樹」の新シリーズが、いよいよ明後日19日から始まりますね!2013年に放送された前作は、瞬間最高視聴率で46.7%を記録し、平成高視聴率ドラマ第1位に輝きました。新シリーズに先駆けて、前作の特別総集編が放送されましたがご覧になりました?私は総集編では物足りなくて、TVerで一話ずつ見直して、新シリーズに向けて気分を高めています!
前作は銀行が舞台でしたが、新シリーズは証券会社なんですってね。TOCOMスクエア通信を読んで下さっている方でしたら、さらに関心の高い設定なのではないでしょうか?
「倍返し」のセリフも、市中でもじわじわ復活してきているようですよ!
愛知県岡崎市の焼肉店『ソウルカルビ』が、今日から「倍返しキャンペーン」を始めました。
https://www.seoulkalbi.com/
キャンペーンステッカーを見ると、「半沢直樹」をオマージュした黄色の地に「焼肉劇場 受けた御恩はやられたらやり返す! 倍返しだ ※注文すると、勝手に注文量の2倍のお肉が届きます」と書かれています。
A5ランク黒毛和牛のおうち焼肉セット1kg (税別1万円)を注文すると、値段はそのままに倍量の2kgのお肉を送り付けてくる(笑)…という、夢のようなキャンペーンなんです!!
お肉は、『ソウルカルビ』秘伝の手もみダレを丁寧に揉み込んだ味付け肉。マイナス35℃で瞬間冷凍し、ヤマト運輸クール宅急便で送料無料で届けてくれるそうです。
2キログラムの内訳は、黒毛和牛ステーキ300g/黒毛和牛カルビ400g/黒毛和牛ロース400g/桜姫鶏もも300g/厚切り豚カルビ300g/牛ホルモン300g。小分けパックに分けてあるので、食べたい分だけ解凍して食べることが出来ます。
冷凍なので日持ちもするし、食べ盛りのお子さんがいるお宅や、大家族だったらペロリですよね。先着1,000セット限定。1人最大5セットまで。
ネット注文が苦手という方は、電話050-5490-4061でも受け付けているそうです。
家族で焼肉パーティーを考えている方、「倍返し」受けてみてはいかがでしょう?
さて、本日のTOCOMマーケット、世界の株価下落を受けて、リスク商品とされる原油は反落しました。安全資産とされる金も、ドル高によるNY金の下落を受けて続落。この所の下落で割安感のある白金は4日ぶりに反発しました。(郁)

【目次】
1.TOCOMスクエア情報
2.市況情報

◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■「コモディティー投資の魅力」公開のお知らせ□■
日本取引所グループ大阪取引所では6月1日より日経電子版に特設サイト「コモディティー投資の魅力」を公開いたしました。
サイトではコモディティー投資の魅力を皆様にお伝えする様々なコンテンツを掲載いたします。
7月はコラム「コメから生まれた先物市場」、商品取引入門「商品先物取引の役割」などを掲載しています。コンテンツは今後も順次追加予定です。
日経電子版の最新ニュースもリンクされていますので、ぜひご覧ください。

日経電子版特設サイト「コモディティー投資の魅力」
https://ps.nikkei.co.jp/ose2020/index.html

□■『TOCOM』アプリ□■
商品先物取引をするにあたって、とても便利なスマートフォンアプリ『TOCOM』を、もうご利用になっていらっしゃいますか?
商品市況、チャート、外国為替情報などはもちろん、気配値(買い方/売り方が、買いたい/売りたいと希望する値段のこと)も提供しています。是非『TOCOM』アプリを皆さんの取引に活用して下さいね。無料です!
https://apps.apple.com/jp/app/tocom/id588613873

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2.市況情報     2020/7/17
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、3日ぶり反落
中国株・米国株を始めとする世界の株価が下落したことで、リスク商品の原油には下押し材料となり、昨日のNY原油相場は反落。TOCOMドバイ原油市場の日中取引は円安にサポートされて小確りと寄り付きましたが、取引中のNY原油の軟化と円相場の引き締まりを受けてマイナス圏に沈みました。中心となる先限(2020年12月限)は90円安の28,770円。その他限月は、430円~160円安。

☆金、続落
対ユーロでのドル高で昨日のNY金相場は反落。その流れを引き継いでTOCOM金市場の日中取引も安寄りしました。その後、取引中のNY金の引き締まりと円相場の軟化の強弱材料の交錯で、始値を挟んでのもみ合いを続け、始値と同値で取引を終えました。中心となる先限(2021年6月限)は、14円安の6,209円。その他限月は、16円~13円安。ゴールドスポットは、17円安の6,193円。

☆白金、4日ぶり反発
金相場安と株安に連れて昨日のNY白金相場は続落しましたが、TOCOM白金市場の日中取引は円安にサポートされて高寄りしました。その後も強含みに推移し、この日の高値圏で取引を終えました。中心となる先限(2021年6月限)は、25円高の2,828円。その他限月は、5円~24円高。プラチナスポットは、4円安の2,842円。パラジウムは続伸。中心となる先限(2021年6月限)は、3円高の6,801円。

☆ゴム(RSS)、反発
手がかり材料待ちの中、TOCOMゴム市場の日中取引は小確りと寄り付きりました。その後、為替が円安に振れた場面で上値を追いましたが、円安が一服すると水準を切り下げ、小幅高で取引を終えました。中心となる先限(2020年12月限)は、70銭高の156円30銭。その他限月は、60銭~2円10銭高。

☆とうもろこし、反発
米国の産地で作付けが遅れていると伝わり、需給が引き締まるとの思惑で昨日のシカゴとうもろこし相場が続伸。TOCOMとうもろこし市場の日中取引は円安にもサポートされて高寄りしました。その後は円の引き締まりを眺めて上げ幅を縮小しました。中心となる先限(2021年7月限)は、170円高の22,930円。その他限月は、340円安~170円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 白金  +0.89%
2位 とうもろこし +0.75%
3位 ゴム(RSS) +0.45%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 バージガソリン  -0.40%
2位 プラッツドバイ原油 -0.31%
3位 銀 -0.30%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 プラッツドバイ原油 37,859枚
2位 金標準取引 24,783 枚
3位 白金標準取引 5,533枚

全商品合計取引高(先物) 77,652枚
〃 (オプション) 0枚

日経・東商取商品指数 : 255.27(前日比:-0.49)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・ゴム週刊情報
【著者】小網太郎
https://column.cx.minkabu.jp/42894

・東京原油は売りスタンス
【著者】斎藤和彦
https://column.cx.minkabu.jp/42889

・米シェール生産動向、“質”が回復、“数”が減少
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/42882

<参考ニュース>
・NY商品、原油が反落 株安で利益確定売り、金も下落(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_X10C20A7000000/

日本経済新聞
https://www.nikkei.com/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿