◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.1010 2020/7/20)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

【お知らせ】
来る7月27日、いよいよ総合取引所が誕生いたします!
日本取引所グループ(JPX)では、金融・コモディティのデリバティブの情報を一つのメールマガジンに統合して発信する予定です
これに伴い、7月22日をもってTOCOMスクエア通信の配信を終了します。
2016年5月9日から4年2か月ちょっと、毎日お付き合いいただきましてありがとうございました!
今後、JPXの新たなメールマガジン『JPX デリバティブ メールマガジン』に新規登録いただき、金融・コモディティのデリバティブの情報を収集してください。
https://www.jpx.co.jp/learning/mail-magazine/index.html

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
th-300x300

以前このコラムで採り上げた昆虫食レストランが、先月、TOCOMから歩いて15分の馬喰町2丁目にオープンしました。
『ANTCICADA(アントシカダ)』https://antcicada.com/
アリ(ANT)とセミ(CICADA)という意味の造語だそうです。
看板メニューのひとつ「コオロギラーメン」は、オープン前に様々なフードショーに出展して大人気だったのです。
是非、このラーメンを食べてみたい。でも、せっかくならコオロギビールも飲んでみたいと、コオロギビールのリリースを待って、ようやく昨日、初訪問してきました。
私はむしろ昆虫は好きな方で、子どもの頃母に「虫愛でる姫」というあだ名をつけられたくらい。でも、食べ物として昆虫に向き合ったことはありません。本当に食べて美味しいモノかどうか、自分の舌で確かめようと思ったのです。
まずは「コオロギビール」ですが、深い褐色で、きめ細かな泡。コオロギのたんぱく質で泡がよりクリーミーになるのだそうです。味はとても美味しい黒ビール。香ばしくて、昆虫を感じさせる要素は全くないので、知らないで出されたら確実にギネスビールと勘違いすると思います。
そして「コオロギラーメン」。コオロギでとった出汁、コオロギを発酵させた醤油、コオロギを練り込んだ麺、そしてコオロギ油とコオロギの素揚げをトッピング…と、コオロギを極めた一杯。これが本当に美味しいのです。昆虫の割に美味しい…ではなくて、今後、東京の人気ラーメン店の一角を担うことになるではと思います。サイドメニューのとうもろこしご飯に乗っていた「カイコの佃煮」も、私の苦手なハチノコ的な生臭さが一切なく、凄く美味しい佃煮なんです。昆虫を美味しく食べるための研鑽を重ねているのだなぁと感動モノでした。
とにかく、コオロギは間違いなく美味しい食材であることを実際に確認いたしましたので、是非皆さんも試してみて下さい。
「コオロギラーメンは」日曜のみですが、金曜と土曜の夜はもう一つの看板メニューの「コース料理」(完全予約制)も提供しています。こちらも近いうちに味わってみるつもりです。
江戸時代はほとんどの人が牛肉を気持ち悪がって食べなかったことを考えれば、昆虫を食材として認識するかしないかの問題です。だって、本当に美味しいんだもん。
世界の人口が98億人に達し食糧難になる(所説ありますが)と言われている2050年ももう目前。たんぱく質摂取の3分の1は昆虫に頼ることになるそうです。今の内から、昆虫を食べられるようになっておいた方がいいですよ。
さて、本日のTOCOMマーケット、新型コロナウイルスの感染拡大による経済回復の遅れを懸念して、原油は小幅ながら続落。ゴムは反落しました。安全資産の金は反発しましたが小動きでした。(郁)

【目次】
1.TOCOMスクエア情報
2.市況情報

◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■「コモディティー投資の魅力」公開のお知らせ□■
日本取引所グループ大阪取引所では6月1日より日経電子版に特設サイト「コモディティー投資の魅力」を公開いたしました。
サイトではコモディティー投資の魅力を皆様にお伝えする様々なコンテンツを掲載いたします。
7月はコラム「コメから生まれた先物市場」、商品取引入門「商品先物取引の役割」などを掲載しています。コンテンツは今後も順次追加予定です。
日経電子版の最新ニュースもリンクされていますので、ぜひご覧ください。

日経電子版特設サイト「コモディティー投資の魅力」
https://ps.nikkei.co.jp/ose2020/index.html

□■『TOCOM』アプリ□■
商品先物取引をするにあたって、とても便利なスマートフォンアプリ『TOCOM』を、もうご利用になっていらっしゃいますか?
商品市況、チャート、外国為替情報などはもちろん、気配値(買い方/売り方が、買いたい/売りたいと希望する値段のこと)も提供しています。是非『TOCOM』アプリを皆さんの取引に活用して下さいね。無料です!
https://apps.apple.com/jp/app/tocom/id588613873

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2.市況情報     2020/7/20
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、続落
コロナ感染拡大への警戒感が広がり、需要の先行き不透明感が強まったことから先週末のNY原油相場は続落。TOCOMドバイ原油市場の日中取引も安寄りし、その後もNY相場の軟調を眺めて水準を切り下げました。中心となる先限(2020年12月限)は150円安の28,620円。その他限月は、280円~100円安。

☆金、3日ぶり反発
コロナ感染拡大への不安で、先週末のNY金相場は反発。TOCOM金市場の日中取引も高寄りしました。その後、円相場の軟化を眺めて水準を切り上げ、高値圏でもみ合いました。中心となる先限(2021年6月限)は、30円高の6,239円。その他限月は、26円~31円高。ゴールドスポットは、32円高の6,225円。

☆白金、続伸
NY白金相場高を受けてTOCOM白金市場の日中取引も高寄りし、その後もNY相場の堅調を眺めて上げ幅を拡大しました。中心となる先限(2021年6月限)は、31円高の2,859円。その他限月は、34円~55円高。プラチナスポットは、65円高の2,907円。パラジウムは大幅続伸。中心となる先限(2021年6月限)は、113円高の6,914円。

☆ゴム(RSS)、反落
前週末の上海ゴム相場安の地合いを受けて、TOCOMゴム市場の日中取引は小甘く寄り付きました。その後、為替が円安に振れた場面で一時プラス圏に浮上しましたが、円が引き締まると再びマイナス圏に沈み、下げ幅を拡大しました。中心となる先限(2020年12月限)は、1円00銭安の155円30銭。その他限月は、70銭安~2円20銭高。

☆とうもろこし、続伸
中国への輸出の拡大期待で先週末のシカゴとうもろこし相場が続伸。TOCOMとうもろこし市場の日中取引も高寄りしました。しかし、米国産地でのとうもろこしの生育に適した天候予想を背景に上値は抑えられました。中心となる先限(2021年7月限)は、100円高の23,030円。その他限月は、180円安~110円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 プラチナスポット  +2.29%
2位 銀 +1.67%
3位 パラジウム +1.66%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴム(RSS)  -0.64%
2位 プラッツドバイ原油 -0.52%
3位 バージガソリン -0.50%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 14,023枚
2位 ゴールドスポット 4,923枚
3位 プラッツドバイ原油 4,899 枚

全商品合計取引高(先物) 32,025枚
〃 (オプション) 0枚

日経・東商取商品指数 : 255.25(前日比: -0.02)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・OPECプラスは6月、減産順守?非順守?
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/42901

<参考ニュース>
日本経済新聞
https://www.nikkei.com/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿