◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.1011 2020/7/21)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

【お知らせ】
来る7月27日、いよいよ総合取引所が誕生いたします!
日本取引所グループ(JPX)では、金融・コモディティのデリバティブの情報を一つのメールマガジンに統合して発信する予定です
これに伴い、明日7月22日をもってTOCOMスクエア通信の配信を終了します。
2016年5月9日から4年2か月ちょっと、毎日お付き合いいただきましてありがとうございました!
今後、JPXの新たなメールマガジン『JPX デリバティブ メールマガジン』に新規登録いただき、金融・コモディティのデリバティブの情報を収集してください。
https://www.jpx.co.jp/learning/mail-magazine/index.html

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
th-300x300
「ネコのミクス」…その名のとおり「猫が生み出す経済効果」ですが、その額、年間2兆円以上、オリンピック開催以上の経済効果だそうです。
実は今日、お中元に何を贈ろうか…とネットショップを覗いていたら、今人気の猫形食パンを発見!猫ブームが続いている今、猫モノならばまず喜ばない人はいないだろうと即決、注文しました。こうしてネコノミクスが拡大していくのですね。コロナ禍でも猫ブームは止まることなく、猫らしく我が道を行くようです。
メディアで「ネコのミクス」が取り上げられるようになったのは2015年ごろからですよね。
さまざまな経済効果を研究している関西大学の宮本教授が、冒頭の経済効果を発表したことがきっかけでした。https://www.kansai-u.ac.jp/global/guide/pressrelease/2015/No44.pdf
猫型食パンを初めて見たのもその頃。大阪梅田で行列が出来る大人気のベーカリー「ブルージン」の「いろねこ食パン」。当時、大阪に出張に行く友人に頼みこんで、お土産に買ってきて貰ったことを思い出します。https://www.hankyu-hotel.com/hotel/hh/osakashh/restaurants/blue_jean/menu/ironeko
そして今、新たな勢力となって店舗を増やしているのが「オールハーツ・カンパニー」の「ねこねこ食パン」。水分は牛乳のみの贅沢な食パンなんです。https://nekoshoku.jp/
去年7月に岐阜県で1号店をオープンし、その後1年で全国約40店舗へと拡大。さらに2年後を目途に100店舗まで増やす計画なのだそうです。
実は明日、銀座3丁目に新ブランド「東京ねこねこ」がオープン予定。「ねこねこ食パン」とまた一味違うクロワッサン生地の食パン「東京ねこねこ食パン」をメインに販売するようです。https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000075.000035909.html
味もプレーンの他、チョコ、キャラメルアーモンド、粒あん、抹茶黒豆、プラリネロゼ、の6種類。ああ、また全種類制覇するために通わなくちゃ…。
経済効果のことだけ考えるなら、コロナ終息の先が見えない中、来年のオリンピック開催を諦めて、ネコノミクスを更に追及したら良いのでは…と思うのは浅はかでしょうか。
さて、本日のTOCOMマーケットは、とうもろこしを除いておおむね上昇。とくに銀が大きく伸びています。金も上場来高値を更新しました。(郁)

【目次】
1.TOCOMスクエア情報
2.市況情報

◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■「コモディティー投資の魅力」公開のお知らせ□■
日本取引所グループ大阪取引所では6月1日より日経電子版に特設サイト「コモディティー投資の魅力」を公開いたしました。
サイトではコモディティー投資の魅力を皆様にお伝えする様々なコンテンツを掲載いたします。
7月はコラム「コメから生まれた先物市場」、商品取引入門「商品先物取引の役割」などを掲載しています。コンテンツは今後も順次追加予定です。
日経電子版の最新ニュースもリンクされていますので、ぜひご覧ください。

日経電子版特設サイト「コモディティー投資の魅力」
https://ps.nikkei.co.jp/ose2020/index.html

□■『TOCOM』アプリ□■
商品先物取引をするにあたって、とても便利なスマートフォンアプリ『TOCOM』を、もうご利用になっていらっしゃいますか?
商品市況、チャート、外国為替情報などはもちろん、気配値(買い方/売り方が、買いたい/売りたいと希望する値段のこと)も提供しています。是非『TOCOM』アプリを皆さんの取引に活用して下さいね。無料です!
https://apps.apple.com/jp/app/tocom/id588613873

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2.市況情報     2020/7/21
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、3日ぶり反発
米国ではコロナの感染拡大は続いているものの、ワクチン開発が進み経済活動の正常化が近づくとの観測が強まり、昨日のNY原油相場が反発。TOCOMドバイ原油市場の日中取引はその地合いを引き継いで小確りと寄り付き、その後もNY相場がじりじりと水準を切り上げるのを眺めて上げ幅を拡大。この日の高値で取引を終えました。中心となる先限(2020年12月限)は490円高の29,110円。その他限月は、100円~530高。

☆金、続伸
コロナ感染拡大懸念で昨日のNY金相場が上昇した流れを受けて、TOCOM金市場の日中取引は高寄りしました。その後、午前中は小動きでしたが、午後はNY金の堅調と円相場の軟化を眺めて上昇し、一時6,279円をつけ上場来高値を更新しました。中心となる先限(2021年6月限)は、35円高の6,274円。その他限月は、29円~37円高。ゴールドスポットは、29円高の6,254円。

☆白金、3日続伸
NY白金相場高を眺めてTOCOM白金市場の日中取引は高寄りしました。その後も、NY白金の堅調や円の下落を眺めて水準を切り上げました。中心となる先限(2021年6月限)は、35円高の2,894円。その他限月は、30円~38円高。プラチナスポットは、28円高の2,935円。パラジウムは4日続伸。中心となる先限(2021年6月限)は、19円高の6,933円。

☆ゴム(RSS)、反落
TOCOMゴム市場の日中取引は、上海ゴム相場の上昇を眺めて高寄りしました。その後も、強含みに推移し、この日の高値圏で取引を終えました。中心となる先限(2020年12月限)は、3円70銭高の159円00銭。その他限月は、3円30銭~4円60銭高。

☆とうもろこし、3日ぶり反落
米産地の天候見通しが改善したことから、昨日のシカゴとうもろこし相場が反落。その流れを受けてTOCOMとうもろこし市場の日中取引も安寄りしました。その後も取引中のシカゴ相場の軟化を眺めて水準を切り下げました。中心となる先限(2021年7月限)は、230円安の22,800円。その他限月は、290円安~10円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 銀  +4.62%
2位 ゴム(RSS) +2.38%
3位 中京灯油 +2.27%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 とうもろこし  -1.00%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 21,004枚
2位 プラッツドバイ原油 10,600     枚
3位 ゴールドスポット 5,941枚

全商品合計取引高(先物) 51,168枚
〃 (オプション) 0枚

日経・東商取商品指数 : 258.25(前日比:+3.00)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・米シェール、生産回復はまだ遠い!?
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/42909

<参考ニュース>
・NY商品、原油が反発 コロナワクチンの開発進展で 金は続伸(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_R20C20A7000000/

日本経済新聞
https://www.nikkei.com/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿